2014年08月

またぞろキッチンに穴

DSCN6002.jpg

もうイタイタしい写真ですが、

それは突然やってきたガス管を取り替える工事

まだ、終わっていませんで(ウィーンならいつもこんな風です)

もう一度、今度は天井へ穴を開けていきました。
スポンサーサイト

午後4時、コーヒーと甘いもの

DSCN5994.jpgアルベルティーナ広場に面してあるカフェ・ティローラーホーフの店内

数日前になるけれどお友達から

「お茶しましょう!」

と誘われてエニーと散歩がてら1区のカフェへ

今日の一曲 「ドン・ジョヴァンニ/エッコラ!/」



モーツァルト作曲 オペラ「ドン・ジョヴァンニ」より

第2幕第15場 騎士長、ドン・ジョヴァンニ、レポレッロ


騎士長 : クルト・モル

ドン・ジョヴァンニ : サミュエル・ラーミー

レポレッロ : フェルッチョ・フルラネット


「Eccola!」(エッコラ! そら!)

と思っていたんだよ、

と皆で「ドン・ジョヴァンニ」の話になった折り友人は話してくれた。

グンポルズキルヒェン その10 ホイリゲ

DSCN5573.jpgとある一軒のホイリゲ、表から覗くとこんな風

グンポルズキルヒェンは、

取りあえず、今日でおしまいにしようと思う。

いや、長く引きずってしまいました。

グンポルズキルヒェン その9 裏山の祠

DSCN5718.jpg少し高いところまで登ってきているのが分かるかな?

昨日の続きで

グンポルズキルヒェンの裏山を

散策しているところだ。

グンポルズキルヒェン その8 裏山へ

DSCN5688.jpg望遠で撮ったのだけど、列車が往くのが見えるかな

少し間が開いてしまったけれど

グンポルズキルヒェンの写真だ。

ワーテルゾーイ

DSCN5974.jpgこれは少々スープが少なかったので、撮影後足した(笑)

以前イ課長さんのブログで

拝見したベルギーはゲントの名物料理

ワーテルゾーイを食べたくなって

自分で作ってみた。

今日の一曲 「カルメン変奏曲」



ホロヴィッツ編曲 カルメン変奏曲

ウラディミール・S・ホロヴィッツ

1978年 アメリカ・ワシントンDC
ホワイト・ハウスでのライヴ

カルメンが続くけれど・・・

日本の友人から甘納豆が届いて
マリア・カラスの「ハバネラ」よかったよ〜って
手紙が添えてあった。

ピアノの好きな彼女に。


ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!




人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ

夜、一回り

DSCN5963.jpg緑化計画が進んでいるようで、花壇が増えた気がする

昨夜10時過ぎに

エニーを連れて散歩に出た。

今日の一曲 「ジプシーの歌」



ビゼー作曲 オペラ「カルメン」より

カルメンのアリア 「ジプシーの歌」


テレサ・ベルガンサ

ピエール・デルヴォー指揮

パリ・オペラ座ライヴ(1980年5月14日)


カラヤンが、世界一のメゾ・ソプラノと
誉め讃えたスペインの名花だ。


ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!




人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ

今日の一枚 6)徽宗皇帝「桃鳩図」(Kenwan編)

img_0.jpeg
国宝「桃鳩図」 28.5cm x 26.1cm 徽宗皇帝作 個人蔵

画家としての私は古典的西洋絵画が好きで、その技法を使って描いているが、実は中国や日本の古典絵画も大好きだ。

高校卒業後に二浪して武蔵野美大の日本画学科に入学したのも、実は上の絵のような絵が描きたくて勉強しようと思ったからだ。

この「桃鳩図」を描いたのは徽宗と言う12世紀の中国の宋帝国の皇帝だが、政治的には無能と言われ、治世後半は失政につぐ失政で、果ては北方騎馬民族に国の北半分を分捕られ、彼自身も捕虜に取られたまま54才で亡くなってしまう。
あ〜〜なんて可哀想なんだろう!何で皇帝の家になんぞ生まれてしまったんだろう!
絵を描くのが大好きで、皇帝に推挙されてからは、「画院」という皇帝直属の美術アカデミーを拡充し、中国絵画史上の頂点を創った人なのだ。

緻密さと、この上ない品格を合わせ持ったこういう絵が描きたくて日本画学科に入ったものの、こういう絵の描き方など誰も教えてくれず、自分でもどうして良いか分からず、結局4年間在籍してみて、日本画の岩絵具より油絵具で絵を描く方が、自分にとってはるかに快いという事が分かったのだった。
今はもう、岩絵具を使ってこういう絵を描きたいとは思わないけれど、この絵を見る時に感じる画品の高さは、私が絵を描く時の一つの目標ともなっている。


ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!




人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ

それは突然やってきた

DSCN5942.jpgこの穴、非常にうるさかったです

昨日の朝、
皆で朝ご飯を食べていると

表に人の気配がする。

最新作のご紹介 「真紅の薔薇」

F6号「真紅の薔薇」F6号 題名「真紅の薔薇」

今度は、この前新しく購入した花瓶で

と言ってたのだけど

もう一枚

い薔薇

銀のゴブレットに挿して描いたので

これを先に、どうぞご覧ください!


ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!




人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ

今日の一曲 「ハバネラ」

1962年ライヴ

ビゼー作曲 オペラ「カルメン」より

カルメンのアリア 「ハバネラ


マリア・カラス

ジョルジュ・プレートル指揮
ロイヤル・オペラ・ハウス・コヴェントガーデン

アグネス・バルツァもテレサ・ベルガンサも
生で聴いているけれど

やっぱり「カルメン」は、マリア・カラス

ジョルジュ・プレートルとパリ管の
マリア・カラスの「カルメン」が手元にあって
おススメで、探したら

ハイライト版だけどこちら↓




ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!




人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ

我が家のオムライス

DSCN5903.jpg我が家の何の変哲もないオムライス

小さい子供のようだけど

時々オムライスが食べたくなる。

今日の一曲 「私は遠くへ行きましょう」



カタラーニ作曲 オペラ「ラ・ヴァリー」より

ヴァリーのアリア 「私は遠くへ行きましょう」


ヴィクトリア・デ・ロス・アンヘレス


私この方好きなんです。
日本で何回かリサイタルを聴きに出かけ
アンコールではギター片手に
スペインの歌を歌って、、、
素敵でした。

今回は、ヴィキにあらすじがないので
続きにあらすじを書いたので
ご覧下さい。

最新作のご紹介 「パッション」

P10号「パッション」P10号 題名「パッション」

最近仕入れたレース

気に入って、このところ続けて描いている模様。

花瓶は、アウガルテンの「マリア・テレジア」だ。

この後、きっとこの間のお誕生日にプレゼントした

花瓶が来るはず。


ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!




人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ

グンポルズキルヒェン その7 葡萄畑

DSCN5644.jpgグンポルズキルヒェン城、聖ミヒャエル教会

教会に沿って

細犬を連れて行く

謎の東洋人女一人


なんちゃって、、(笑)

今日の一枚 5)ゴッホ

AHC_Banner_Image_Van_Gogh_Hospital_at_Saint_Remy.jpg

ゴッホ作 「サン・レミ療養所の庭の樹々」(油彩、カンヴァス、90,2 x 73,3cm)

アメリカ、ロサンジェルス、アルマンド・ハンマー美術館


先日Kenwanが、

「やっと分かった」

と言って話してくれたのだが


グンポルズキルヒェン その6 植物編

DSCN5673.jpg

手元の図鑑で調べると

多分、グレーター・バーネット=サクシフリジ

というのではないかと思うが

もしかすると

グラウンド=エルダー

かもしれない。

今日の一曲 「樹木の蔭で」(ラルゴ)



ヘンデル作曲 オペラ「セルセ(クセルセス)」より

セルセのアリア「樹木の蔭で」(ラルゴ)


アンネ・ソフィー・フォン・オッター


CMでキャスリーン・バトルが歌ったそうで、
ソプラノの歌だと思われているかもしれないけれど

これは、元来カウンター・テナーの歌だ。

ただ、現在では、この曲だけ歌われる事も多く
その為、色々な声種の方が歌っている。

今日は、メゾ・ソプラノで!


ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!




人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ

グンポルズキルヒェン その5

DSCN5585.jpg

まだまだ続くよ、
グンポルズキルヒェン

駅の横のゆる〜い坂道を
上がってくると

上の写真の村役場がある。

今日の一枚 4)フェルメール

vermeer.png

フェルメール作 「手紙を書く娘」(油彩、カンヴァス、47 x 36,8cm)

アメリカ、ワシントン、ナショナル・ギャラリー蔵


随分前に上野で見た、と思う。

こちらへじっと視線を向けてくる
彼女と何を語ろうか。


ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!




人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ

今日の一曲 「勝ちて帰れ」



ヴェルディ作曲 オペラ「アイーダ」より

アイーダのアリア 「勝ちて帰れ」


レオンタイン・プライス

アメリカ、メトロポリタン・オペラのライヴ(1985年)

この圧倒的な声
滑らかで丸いこと!


ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!




人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ

朝顔と薔薇

DSCN5858.jpg

今年は、去年より
朝顔が、盛んに咲いているような気がする。

今日の一枚 3)ダ・ヴィンチ

Leonardo_Da_Vinci_-_Annunciazione.jpeg

レオナルド・ダ・ヴィンチ作 「受胎告知」(油彩・板 98 x 217cm)

イタリア、フィレンツェ、ウフィッツィ美術館蔵


こういう絵を前にしたら
何も言葉は出て来ず
ただ、視るばかり。






ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!




人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


グンポルズキルヒェン その4 エニー編

DSCN5691.jpg葡萄畑や裏山を散策。嬉しそうなエニー

グンポルズキルヒェンへの遠足には、
勿論エニーも一緒に連れて行った。

Kenwanと私の二人が揃っていたので
初めてのところでも
全く緊張感はなく、喜んでいた、
と思う。

今日の一曲 「母もなく」



プッチーニ作曲 オペラ「修道女アンジェリカ」より

アンジェリカのアリア「母もなく」


レナータ・スコット

指揮 ロリン・マゼール
ロンドンシンフォニー・オーケストラ


色々聴き比べてみたけれど
私の中ではベスト。


ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!




人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ

今日の一枚 2)フラ・アンジェリコ

113728072-kab3xmav-20090516170957sanmarcofraangelico.jpg

フラ・アンジェリコ作 「受胎告知」(フレスコ壁画、230 x 321cm)
イタリア、フィレンツェ、サン・マルコ修道院

虚をつかれた一瞬の表情、と見えるが
どうであろう。







ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!




人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ

グンポルズキルヒェン その3 動物編

DSCN5621.jpgこの鳥さんは、何と言う鳥さんかお分かりになりますか?

グンポルズキルヒェンで
出合ったの写真をどうぞ!