2015年02月

特等席

WP_20150216_001.jpgクリックすると大きくなるので、よろしかったら、そうしてご覧ください

娘のお気に入りの席らしい。

ウィーン市の中央図書館からの眺めだ。

前方の小高いあたり全部が、いわゆるウィーンの森

(ここから見えるだけでなくもっと広い)

右から二つ目の小山に

小さく白っぽい建物が見えるのがレオポルドベルグ

その左にうす〜く鉄柱が見えるところがカーレンベルグ

それのもう少し左のあたりが、多分、私とエニーがいつも

歩いている森だ。


ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!




にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
スポンサーサイト

ビリティスの歌(ドビュッシー)

DSCN8357.jpgウィーン9区ヴェーリンガー通りにあるフランス文化会館(?)

今日は、音楽院のプロデュースで

ドビュッシーをテーマにしたコンサートへ

行ってきた。

ウィーンのB級お菓子「バッハブリューテン•ボンボン」

DSCN8345.jpg

近所のSPAR(シュパー)というスーパーで

BIO•バッハブリューテン•ボンボンなるものを買ってきた。

最近作のご紹介 「ヴェネツィア土産」

F3号「ヴェネツィア土産」F3号 題名「ヴェネツィア土産」

作品のご紹介が続くが
今日は、いつもの(笑)静物画。

昨日の風景画を見た娘が

へぇ〜、こんな絵も描いたんだ?!

父 : そうだよ

娘 : 結構いいじゃん!

父 : ありがと


ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!

下の3つのバナーそれぞれに

ポチっと行って、また「ウィーンの静物画」をポチっとして戻り

を繰り返していただけると嬉しいです。




にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ



最近作のご紹介 「運河」

P5号「運河」P5号 題名「運河」

珍しく風景を描いた。

場所は、地下鉄4番のピルグラムガッセと
マルガレーテンギュルテルの間あたりだ。

夕暮れ時だそうだが、
そう見えるかしら?


ポチっと応援クリック
よろしくお願します!




にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ

カレーパン

DSCN8290.jpg

食べ物が続くけれど

今日はカレーパン

ボルシチの次はピロシキになりそうなところ

変化球でカレーパンだ。

ボルシチ

DSCN8253.jpgキャベツは思い切ってザクザクっと大きく切り分けて、玉ねぎはクローブを刺して丸ごと

昔、新宿三丁目の伊勢丹の隣のビルの地下に

ロシア料理のレストランがあって

時々行っていた。

ボルシチ、つぼ焼き、ピロシキ、、、

おいしかったなぁ。。

クラプフェン

DSCN8230.jpgクラプフェンとミルク•コーヒー ミルクたっぷりのコーヒーは、フェアレンゲルター(•ブラウン)という

前々回の記事の友人は、
今一度書類を揃えて、ヴィザの申請に行き
何とか受理してもらったそうで
とりあえず、一段落でホっとしている、とメールが来た。

いや、よかった、よかった!

さて、昨晩、アップしようと思っていた記事
今から、こちらも再挑戦!


今年は、2月18日の水曜日が灰の水曜日

それから、復活祭を迎える
四旬節が始まった。

更新遅滞のお知らせ

もう数時間前から書きあがった記事を

アップしようとしているのだが

フリーズしてしまったり

写真が載らなかったり

具合がよろしくない。

そんな訳ですので

悪しからず、ご了承ください。



ヴィザの思い出

DSCN8204.jpg本文と関係なく ウィーン旧市街にあるカフェ

友人が、毎年恒例のヴィザの申請に行ったら
また、法律が変わって、用意しておいた書類ではダメで
出直さなくてはならない、と

憂鬱そうだ。

私の映画遍歴 その2「マタンゴ」

imge26116c5zikazj.jpegなんだまた東宝怪獣映画かよ!とお嘆きの諸兄、怪獣とはちょっと違いますよ!

「私の映画遍歴」という事で書くならば、私の場合絶対外せないのが「マタンゴ」だ。

ネットで調べてみると1963年公開という事で、昨日書いた、1964年公開の「モスラ対ゴジラ」が、私にとって初めて一人で見に行った映画なので、これはやはり母と一緒に見たはずだ。

記憶をさかのぼれば、1962年公開の「妖星ゴラス」も思い出した。
当時洋裁店を経営していた母は、私だけでなく、お店で働いていたお針子さん数人も一緒に連れて見に行ったと記憶している。
常日頃「日本映画はショボいので、私は外国映画しか見ない」と公言していた母であったが、思い出してみると、なんだけっこう日本映画も見てるじゃないか。

それはさておき、この「マタンゴ」を子供の頃に見た人は、皆おしなべてトラウマを抱えてしまうようだ。
子供心に、それほどおぞましく恐ろしい映画であった。

私の映画遍歴 その1「モスラ対ゴジラ」

08729a1e9f44944604c21c45ec35c9a7.jpg
この記事の題名と全く関係なくてごめんなさい! 記事を読んでもらえれば分かります。

前から映画について語りたいと思っていた。
そこで、私(kenwan)の映画遍歴という事で、文章を書いてみようと思う。

私の母もやはり映画が好きだったようで、若かった母は、小さい私を連れてよく映画を見に行っていたようだ。
とは言っても幼稚園児か小学生低学年だった私にもわかるような子供向けのものではなく、母の好きな大人向けの外国映画ばかりだった。
だから複雑な筋立てなどわかるわけもなく、どんな映画に連れて行ってくれたかも全く覚えていない。
かろうじて覚えているのは、チャールトン・ヘストン主演の「ベンハー」ぐらいで、それだって、あの有名な馬車競技の場面の記憶しかない。
それも決して良い思い出ではなく、ベンハーの敵役のローマ軍団の指揮官が馬車から転げ落ち、走る馬に引きずられ、試合後、顔まで傷だらけになって横たわっているその姿があまりに恐ろしく、前の二つの座席の背もたれの間の隙間から、こわごわ目だけ出して見ていた、というのが、その時の記憶の全てである。

幾つになっても、、

DSCN8194.jpg本文と関係なく、ウィーン旧市街 でも人さらいが出そう?

このところテロが、あちこちで起きていて
なんとなく不安だ。

外務省からは、外国では、自分の身は自分で守る
という心がけでいてくれ、とメールがくるし、、、

お昼前に娘が、図書館へ行く、と出かけたのだが

午後6時を過ぎても戻ってこない。

久しぶりの外出

DSCN8155.jpg白とピンクの壁が可愛いカフェ•ディグラス


このところウィーンは、快晴で

青い空が見えて、心うれしい日が

続いている。

ただ、外気は流石に冷たい。

チョコレートケーキ

DSCN8096.jpg


時差の関係で
こちらは、まだ2月14日だ。

そう、バレンタインデーです。

今日の一曲




A•スカルラッティ作曲 「すみれ」

ソプラノ    マリア•バーヨ
ハープシコード ウアズラ•デュチュラー


声楽を習い始めて
コーリューブンゲンとかコンコーネ50番などの練習曲を終わらせると

さあ、イタリア古典歌曲をやりましょうか、となって

全音出版のイタリア歌曲集1 なる楽譜から

先生が曲を選んでくれた。

その歌曲集の中に「すみれ」は入っていて

私も初めて歌ったのは高校生の頃だった。

YouTubeでいろいろな方の「すみれ」を聴いたけれど

中に「これは若い女性のための曲ではないですか?」と

そう若いとは思えないソプラノの方へ嫌味なコメントがあったが

この曲、男声でも歌っているし

ましてや、歌曲に老いも若いも関係ない、と私は思う。


ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!




にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ

初午

DSCN8078.jpg

今日は初午だから
お稲荷さんを食べるのよ〜

と友人から教わって

ちょうど娘のお友達も来るので
一緒にいただこう、と

すし飯をたくさん作ってしまった。

誕生日

DSCN8072.jpg3つあるけど、一応コレ、お誕生日プレゼントだから、と娘。

実は、(風邪で)ゴロゴロ暮らしている間に
誕生日があり、また一つ歳を重ねてしまった。

今日の一枚13) 二世広重 「赤坂桐畑雨中夕けい」

jpegOutput_20150211094632ed1.jpeg
国立国会図書館所蔵 二世広重 名所江戸百景の内 「赤坂桐畑雨中夕けい」

昨日の記事で紹介した本を、私はずいぶん誉めそやした訳だけど、たった一つ残念なことがある。
それは上に掲載した図版が載っていないことであった。
明らかに二世広重の作と銘しているこの作品は、ウィキペディアの「名所江戸百景」によると、通例としてこのシリーズに含めない事になっているので、致し方ないといえばそうである。

今日の一枚12) 名所江戸百景の内「愛宕下薮小路」

100_views_edo_112.jpg初代広重 名所江戸百景の内「愛宕下薮小路」(現在の西新橋一丁目と虎ノ門一丁目の間の通り)現在、ウィーンの我が家の窓の外はこの絵のような湿った重たい雪が森々と降っている。

昨日の記事で、私は名所江戸百景の画集を二冊持っていると書いた。
一冊は昨日ご紹介したが、もう一冊の方がこれ。


今から10年ほど前にウィーンの本屋にあった英語の原書を私は購入したのだが、
ご覧のように岩波書店が解説を和訳した同じ本を2004年に出版していて、Amazonで購入可能である。

今日の一枚11)初代広重 名所江戸百景の内「両国花火」(kenwan編)

Portrait_à_la_mémoire_dHiroshige_par_Kunisada 1858年 62歳の初代歌川広重

「今日の一枚 8)」で広重について書いてから、再び私の中で広重が気になり出した。
広重と言えば「東海道五十三次」が有名だが、晩年の「名所江戸百景」はまさに名作ぞろいの全百十八景の風景画集だ。

ゴロゴロ読書

DSCN7870_20150208051046aa3.jpgウィーン6区

お久しぶりです。
マダムKenwanです。

月曜日に39度5分の高熱を発して
それ以来、臥せっておりました。

1日1度ずつ下がって四日目には
平熱に戻ったのですが

ノド痛とセキが取れませんで
今も完全復帰とは言えない状況です。

最新作のご紹介 「紅い薔薇」

DSCN8054.jpgF4号 題名「紅い薔薇」

この作品は画商さんからの注文があって描いた絵だ。

「注文」の作品を描く時は普段よりも少し力が入るような気がする。

どこの誰だか存じ上げないが、私を名指しで、こう言うモチーフで描いてほしい、
と言って下さったお客様が居るというのは、やはりうれしいものだ。



ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!




にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


kenwan娘のラテン語講座 その2

Vesuvius_from_Pompeii.jpgポンペイの遺跡から見たヴェスヴィオ山

さて、昨日の続きである。

「小プリニウスさんがそのお友達、とある結構有名な歴史家タキトゥスさんにヴェスヴィオ火山噴火の際に死んだその叔父、大プリニウスさんの最期を教えてくれ、と言われて書いたお手紙」
についてのkenwan娘による解説の続き。

kenwan娘のラテン語講座 その1

EmpereurTacite.jpg
マルクス・クラウディウス・タキトゥスの胸像(ルーヴル美術館所蔵)

今朝はマダムの熱も下がり、ずいぶん楽になったようだ。
とはいえ、今日もブログはお休みさせてね。ということなので、
弱ったな〜そうだ!娘よ!今日は娘が書くのじゃ!と父は強権を発動。
娘も渋々それに応じ、出先の図書館からメールで送ってきたのが以下の文章である。
ずいぶん長いので、何回かに分けて掲載しよう。


kenwan娘です。

父はなんだか誤解しているようですが、ちょうど一昨日、試験はひと段落つきまして、実は昨日はPCの某動画サイトとにらめっこをしておりました。次は来週の始めなので、少しだらけてもいいかな、なんて。
あ、でもちゃんと部屋の掃除もしたんですよ。

今日もお休み。

DSCN8039.jpg

今日もマダムはベッドの上。
咳が湿ってきたので、峠は越えたようだが熱がなかなか下がらないでいる。
我が家は化学薬をなるべく摂らないようにしているので、
マダムにはひたすら睡眠休養に専念してもらい、
ゆっくり治して行くのが良いのではないかと思っている。

私は買い物や調理、後片付け以外の時間はほぼ絵を描くばかりだし、
娘はず〜とノートブックとにらめっこのお勉強。
学校は休みになったのにまだテストが残っているそうだ。
そういうわけで記事になるような事もなし。

今気がついたが、そういえば昨日は節分だった。

生来ものぐさな私は、なんの痛痒も感じないが、
マダムが元気だったら、きっと豆まきぐらいはしただろうな…


ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!




にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ

今日はお休み。

DSCN8013.jpg

一昨日エニーを連れて、雪のウィーンの森を歩いてきたマダムは、帰りの混雑したバスの中で風邪をうつされたようで、昨晩から熱を出して寝込んでいます。

私kenwanも、記事にするようなネタも無いので、今日はお休みにさせていただきます。
どうか皆さんも風邪などひかれませんよう、お体大切になさってください。


ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!




にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ

雪のウィーンの森

DSCN8009.jpg

今朝起きて、PCを開けると
後藤さんの悲報が入ってきた。

外務省からシリア邦人拘束事案を受けた注意喚起等
大使館のメルマガも送られてきた。

こんな折に明日は、夕刻ウィーンでは、
極右の欧州における反イスラム化デモがあり
これに対抗して反極右のデモもあるようで

わざわざ人混みへ出かけないようにしよう。

久々に

DSCN8031.jpg自宅の窓から


昨夜は、女子会があって
お友達6人で集まった。