2015年09月

再会


DSCN2425.jpg例によってブレたが、レオポルド・ハヴェルカさんとジョセフィーヌ・ハヴェルカさんの頭部銅像


15年ぶりに日本から友人夫婦が訪ねてきた。

待ち合わせは、カフェ・ハヴェルカ

スポンサーサイト

満月


DSCN2379_20150929075935dfa.jpg

2015年9月27日は、中秋の名月だったそうで

ヨーロッパでは、28日未明から明け方にかけて

月食が見られたとか。

神父様のお話


DSCN2361.jpg日曜日のシュテファンス広場


今日は、プラハから神父様が見えて

そのごミサで先唱を務めてきた。

実は、昨日も神父様にお会いして

お話を伺ったのだけど(日本に40年いらして日本語が堪能)

ラーメン二種


DSCN2343.jpgKenwan特製塩バターラーメン


Kenwanさんとこ、ラーメンの頻度が上がってない?

と、言われそうな、、、

最新作のご紹介 「響き合う白」


F3号題名「響き合う白」F3号 題名「響き合う白」


相変わらず、微妙に違う白のハーモニーだ。

おつかいの途中


DSCN2254.jpg秋晴れの旧市街 スペイン乗馬学校厩舎横


すみません、少々立て込んでいて

通常の時間に更新ができませんでした。

歌曲の夕べ


DSCN2293.jpgソプラノ 藤本保江さん

しょーこ先生よりご案内いただいて

日本歌曲とドイツ歌曲のコンサートへ伺った。

昨日の出来事


DSCN2233_20150923043925b24.jpg

昨日行ったアーマリングバイスルには

中庭に面して、幼稚園があるようだった。

朝食会


DSCN2231_20150922024329a08.jpg

友人が、ブリュッセルへ引っ越す日が近付いてきて

名残惜しいので、今朝、最後に会ってきた。

(といっても、子供達はウィーンにいるので
また、来ることも十分ありそうなのだ)

和風ステーキ


DSCN2226_20150921060557a55.jpg

牛ヒレ肉のサイコロ・ステーキだ。

笑顔は大事


DSC_2871.jpgKenwanと私とエニー カメラ 比嘉裕子

しばらく前に皆さんに散々宣伝して

沢山の方にご覧いただいた

「大人のヨーロッパ街歩き」ウィーン編

あれのDVDが、9月の初めに漸く届きまして

私達も届いてすぐ見てみたのでした。

昨日の続き(国立図書館、他)

kenwan娘です。

えーっと、昨日は迫力満点のホールに辿り着いたところまででした。

もうひとつ、あのPrunksaal(プルンクザール、国立図書館、母注)で気になって写真を撮ってきた部分がありまして、

それがこちらです。

WP_20150917_007.jpg

本棚が動く!

WP_20150917_015.jpg

こちらも同じパターンです。

WP_20150917_011.jpg

私はこういうところに来ると階段を上ったり、隠し扉を見つけたりするのが大好きなので、ワクワクしました。

五博物館に一晩、そしてゼロユーロ

kenwan娘です。

「五博物館に一晩、そしてゼロユーロ」と銘打ったイベント(?)が今日あるということを(詳しくはこちらとかこちら)直前に知りまして、ちょうどうちからすぐ近くだし、休みだし、まあ気晴らしくらいになるかなと思いたって出かけてきました。
というより、その入場料無料になる博物館の内一つが日常的に通る場所にあるのに、そもそも存在を知らなかったので、これはまずいのかもしれないと思ったのが大きかったんですけれどね。

ということでとりあえずその、Literaturmuseumというところに行ってきました。
WP_20150917_002.jpg

写真が何せこれしかないので、クオリティには目を瞑って頂いて……。

ガイドさんのお話も無料で聞けるツアー付きだったので、ここはまだ、ツアーに参加したのですが、そうなると、なんというんでしょう、写真ってどう考えても撮りにくいじゃないですか。
特に周りがオーストリアのおばあちゃん多めで、観光客らしき人間が皆無な訳ですよ。ここで見た目が完全に外国人の私がそんな、アジア人はどこ行っても写真ばかり、という偏見(?)に則って行動する訳にはいきません。「ほーらやっぱりね」と(私のせいで)なるのは悔しいですし、私自身「いつでもどこでも写真」に対して違和感を抱く気持ちがわかるので尚更です。(と同時に写真を撮る事のメリットもわかるのですが)
ということでスマホは取り出さず次の博物館へ。

(でも割と面白かったです。細かい情報を全部読み込んでいる時間も気力もなかったので、もっぱら色んな人の字(カフカ直筆の手紙などあったりします)を見て楽しんでいたのですが、やはり興味深いですね…。特に、私の大学の教授のものに瓜二つの筆蹟の人がいたのにはびっくりしました。昔(と言ってもそれほど昔でもないけれど)のノートの使い方というか、コンピューターが無かった時代の紙とペンの位置付けに想いを馳せたりして)

マシュマロ、どうしますか?


DSCN2203.jpg


先日娘が、お誕生日のプレゼントにいただいた

あれ、マシュマロですね。

あれ、どうやって消費するんかなぁ〜?

今日の一曲 「舟唄」




ショパン作曲 舟唄 嬰ヘ長調 op.60

ピアノ : ディヌ・リパッティ


音楽付き講話会「山田耕筰と私Ⅱ」


DSCN2137.jpg会場は、ウィーン13区ヒーツィングの庁舎のホール

先週の金曜日の晩に

山田耕筰と私Ⅱ」という催し物があり

そちらへお邪魔した。

打ち上げ


DSCN2169.jpgチェロとヴァイオリンのご夫婦で注文したお寿司 ウィーンのお寿司ってこんなだ

昨夜のコンサートの打ち上げに

陽子さんに誘われて、ホイホイ付いていったので

その時のお食事写真をどうぞ。

ヴィヴァルディ「四季」


DSCN2152.jpg左端からフーバー陽子 アンサンブル東京 チェンバロのHiromi Mitsuji-Landerl(ごめんなさい、ぶれてしまって)

今日は、友人のフーバー陽子さんのヴァイオリン・ソロで

ヘンデルのソナタとヴィヴァルディの四季のコンサートがあり

聴きに行った。

最新作のご紹介 「プルーン」


F3号題名「プルーン」F3号 題名「プルーン」


いきなり、こんなお話しで

恐縮だが、

いくつになっても嬉しい


DSCN2114.jpg


まだ、もう少し先なのだけど

娘のお誕生日、、、

笑顔の少年


うちからそう遠くないウィーン西駅には、シリアからの難民が列車で押し寄せている。

カリタスから拝借した動画を御覧ください。


二人の少年が、西駅構内で遊んでいる。

動画の最後に少年が満面の笑みを見せる。


どうして彼らが、こんなに幸せそうなのか、あなたは知りたくない?


だって僕たち、やっと安全なところにいるんだもの



ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!




にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ

ポトフ!


DSCN2099.jpg


もう秋の気配が濃厚なウィーン。

そうなると、こういうメニューがいいですね。

朝顔満開!


DSCN2089.jpg


今年の朝顔は、

緑のカーテンは、上々の出来だし

花もよく咲いて、とっても嬉しい。

葡萄畑


DSCN1978.jpg

昨日の続きで

ベートーヴェンの小径から

脇へ逸れて坂道を登っていくと

葡萄畑らしいのがチラッと見える。

ベートーヴェンの散歩道を行く


DSCN1955.jpgヌスドルフの駅から市電Dの終点へ向かって歩く途中

丁度そちらの方に用事があって

帰りにエニーも一緒に

ベートーヴェンの小径を散歩することにした。


アイスコーヒーの巻


DSCN2062.jpgEishunger? アイスフンガー? アイスクリーム ハングリー?  うまい訳が思いつかないが、アイス腹が、空いている? みたいなとこでしょう。暗くて見えにくいが、後ろにエニーが写っている


夕方、買い物に出たら

急にアイスコーヒーが飲みたくなって

アイス・ボックスを買って帰ってきた。

ひそやかな夜


DSCN1873.jpg

夜の散歩写真。

上は、マリアヒルファー通りのアイーダ

アイーダは、どちらかというと庶民的なカフェ・コンディトライ

喫茶店付きお菓子屋さんだ。

チェーン店でウィーンのあちこちにある。

最近作のご紹介 「向日葵 3」


P8号題名「向日葵3」P8号 題名「向日葵 3」


水色と黄色の組み合わせって好きだ。

以前にもよく皮をむいたレモンと水色のナプキンで

描いてもらった。

時々、私のリクエストが通る時もある。


ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!




にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


デモ


DSCN1918.jpg


つい2、3日前の日本の新聞にも載っていたけれど

オーストリアとハンガリー国境近くで

冷凍車の中から71人の遺体が発見された。

これは、非合法な難民密航斡旋者による遺体遺棄らしい。

最近作のご紹介 「向日葵 1」


P12号題名「向日葵1」P12号 題名「向日葵 1」


東京の友人と話したら

もう秋の長雨よー

だそうで、