2016年01月

街角図書箱


DSCN4166_2016013105373506d.jpg


昨日、友人がKenwan娘から借りた本だ、と言って

持ってきてくれた本
スポンサーサイト

右と左


WP_20160129_005.jpgウィーン国立歌劇場脇


毎年のことなのだが、

派系団体による舞踏会がホーフブルグ(王宮)で開かれる日には

それに反対して、派系団体等による抗議デモ集会が行われる。

メドゥーサ


DSCN3844.jpgウィーン自然史博物館


午後4時半頃だっただろうか

建物に夕日が射して、薔薇色に見える。

キレイ!

アトリエの照明?


DSCN4144_20160128082519196.jpg


ご覧の通りのLED電球だ。

すみません、東芝でもパナソニックでも日立でもなくて

フィリップスです。

美しく健やかに、そしてタフであれ


DSCN4120_2016012704445111a.jpg


上の写真は、亜麻仁(フラックスシード)である。

ドイツ語だとLeinsamen(ラインザーメン)という。

推薦図書(オーストリアの歴史)


DSCN4109.jpg


2月の誕生日のお祝いに
友人が、早々にリクエストした本を
送ってくれた。


「神々の黄昏」


DSCN4072.jpgウィーン国立歌劇場 客席より


これも楽しみにしていたワーグナー

ニーベルングの指輪」(序夜と三部作)の中の最後

神々の黄昏」を観に行ってきた。

牛乳のお値段


DSCN4043.jpgちょうど週末に買い物してきた折の 牛乳、卵、ヨーグルト すべてBIO有機製品だ


他所の方のブログで読んだのだけど、

東京のコンビニで牛乳を買うと

1リットル271円ほどするとか(やや高めだけど美味しい牛乳とのこと)

今日の一曲 「天使」





ワーグナー作曲 「ヴェーゼンドンク歌曲集」より第一曲「天使」

ソプラノ : ビルギット・ニルソン

最新作のご紹介 「バロック」

25号変形「バロック」25号変形(81cm x 34cm) 題名「バロック」


先日、美術史美術館にある17世紀オランダの静物画を

載せたけれど

正しく、あの時代に静物画というジャンルが確立されたんだそうだ。

頭を上げよう!


DSCN3960.jpgなんの変哲もない写真だがよく見てください


上の写真は、うちの近所の通りである。

暗くて寒い、、、


DSCN3892.jpgウィーン美術史美術館を出て、左手の美術館地区の方を眺める


美術館から出てくると
日は、とっぷり暮れていた。

オランダの静物画 2


DSCN3869.jpgJuriaen van Streek ユリエン・ファン・シュトレーク(?) 「オウム貝のカップと生姜の入った壺のある静物」ウィーン美術史美術館蔵


この画家も17世紀後半に
オランダはアムステルダムで活躍した人だそうだ。

オランダの静物画


DSCN3862.jpgWillem Claesz Heda ヴィレム・クラース・ヘーダ(?) オランダ語の読み方は不案内なので不確かだ 「蓋つきトロフィーのある朝食静物画」ウィーン美術史美術館蔵


もう何度も書いているけれど
Kenwan が、どれほどお勉強させてもらったかわからない
オランダはハーレムの画家の作品である。

美術館散歩


DSCN3888.jpg


ウィーン美術史美術館の絵画セクションの階の

回廊に掛けられていたスクリーンだ。

学生オーケストラ・コンサート


DSCN3941.jpgORF(オーストリア国営放送局)のホール


ウィーン私立音大の学生オーケストラの

コンサートを聴きに行った。

冬の日の集い


DSCN3921.jpg友人作、レモンのシフォンケーキ


今日は、友人を招いて

お昼を一緒にいただいた。

レンブラント「自画像」


DSCN3860.jpgレンブラント「自画像」112cm x 81,5cm ウィーン美術史美術館蔵


美術館の年間パスが、もうすぐ切れるので

もう一度美術史美術館へ行っておこう、と

出かけた。

私の映画遍歴 その6 「あん」

DSCN3898.jpg映画館「フィルム・カジノ」の入り口。右のショウウィンドウには「あん」のポスターが見える。


この映画「あん」の監督、河瀬直美さんの劇場デビュー作である「萌の朱雀」を見たのは1997年、この同じ「フィルムカジノ」という小さな映画館だった。
ずいぶん風変わりな演出をする人だなぁ、というのが私の最初の感想だったけど、決して嫌いではなかった。

恩師の著作


DSCN3831.jpg宮岡和紀著「多摩を耕す」けやき出版 定価1000円(税抜き)


多摩を耕す」の表紙には、大きく猫の顔が描かれている。

ラインの黄金


DSCN3783.jpg開演前、ウィーン国立歌劇場ガレリーから


待ちに待ったワーグナーの「ラインの黄金

行ってきました!

字幕


DSCN3604.jpg本文に関係なく、友人が焼いてくれた乾燥フルーツがどっさりのパン


このところ「あん」と「海街ダイアリー」と

日本の映画を立て続けに観たのだけど

「あん」を観る


Kirschblueten und rote Bohnen Start「あん」は、1月14日まで、ウィーン5区のフィルム・カジノで


新年が明けてから、よく出かけているというか

遊んでいるというか、、、

一人でフィルム・カジノへ「あん」を観に行った。

今日の一曲 「月の光」





ドビュッシー作曲 : 「ベルガマスク組曲」より「月の光」

ピアノ : イエルク・デームス

2016年1月2日 ライヴ
ウィーン ロボコヴィッツ宮内エロイカ・ホール


先日、娘も一緒に行った新春初コンサートでの
アンコール曲である。


ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


「海街ダイアリー」


DSCN3680.jpgウィーン1区 左手にアルベルティーナ広場、正面奥は国立歌劇場


今日は、お友達に誘われて

娘も一緒に「海街ダイアリー」をシュタット・キノ

へ観に行った。

最新作のご紹介 「ヴェネツィアの薔薇」


F4号「ヴェネツィアの薔薇」F4号 題名「ヴェネツィアの薔薇」


一昨年の春にKenwanは、個展があって

帰国している。

喰わず嫌い


DSCN3687.jpgカフェ・モーツァルト前のクリスマス・ツリー


どうも喰わず嫌いだった節もあるのだけど

私は、ワーグナーが苦手でずっと手を出さないできた。

エニー新春撮影会


DSCN3731.jpg


ブリーダーさんへエニーの写真を送ろうと思って

今日は撮影会をしてみた。

新春初コンサート


DSCN3664.jpgウィーン1区、アルベルティーナ広場に面したロボコヴィッツ宮内


新年早々にコンサートへ行ってきた。

去年、このプログラムを友人から教えてもらった折り

1月2日の15時半って、行けるかしらね?と危ぶんだのだけど

元旦ブランチ


DSCN3628.jpg


元旦から寝正月で朝ゆっくりだった我が家だが

ウィーンでは初雪が降った。