2016年09月

プラハ 夜の散歩


DSCN7807.jpgプラハ、ダンシングビル


あまり旅行をしない私が、

ルルドに続いてプラハへ行ってきた。
スポンサーサイト

ペキン・ダックでお祝い


DSCN8103.jpg


Kenwan娘のお誕生日には、

ケーキだけでなく、ペキン・ダック

頂いたのであった。

バースデーケーキ


DSCN8120.jpg左のケーキには、線香花火的なキャンドルが差してある


というわけで、

オーブンは娘の誕生日に間に合い

メデタシ、メデタシ

ケーキを焼くことができたのであった。

オーブン 3(完結編)

DSCN7207_2016092702535103d.jpg本文とは関係なく「夏の市立公園」


この記事は、以前マダムが書いたこの記事この記事を、あらかじめ読んで頂けると分かりやすいです。(念のため)

その男達は突然やって来た。

と言うと大げさだけど今朝の10時半頃、私が台所で私と娘のための遅い朝食を作っていると電話が鳴った。
娘が取ると、なんと今から新品のオーブンレンジを持ってくると言うのだ。
せめて前日には連絡して欲しいよなぁ、などと言いつつ大急ぎで朝食を食べ終えると、その後五分ぐらいして男二人がオーブンを持ってやって来た。
三十代後半か四十代ぐらいの、わずかに知的風貌を感じさせはするものの、どちらかと言うと「おっさん」といった方が似つかわしい雰囲気をただよわした二人であった。
彼らはテキパキと、とは言いかねる、おしゃべりがちな態度で、それでも僅か三十分程度で新品のオーブンレンジとガスの元栓を繋ぎ、古いのを持って帰って行った。

言語感覚って面白い。

kenwan娘です。

普段ドイツ語で会話している友人がこの前

「ねえねえ、『ジャンボ宝くじが当たったの?』って言われたらどう思う?」

と聞いてきました。
もちろんドイツ語で、です。

うーん。なんとも言い難いけど、まずは「えーと?」って聞き返すかなー。

「日本語では深い意味があるセリフだって聞いたんだけど!」

あー。

まあね、確かに、日本の人に言われたらちょっと考えるかもしれない。
もう一人、居合わせた日本人の友達と、なんとなく顔を見合わせました。

マリア・テレジア銀貨の思い出

IMG_0058.jpg

今日の朝からマダムはバスでプラハ二泊三日の旅に向かった。
私はエニーと留守番だ。

昨日はその準備で、マダムは街の中心部にある、レートが良いと言われている小さな銀行に、幾許かのユーロをチェコの通貨に換えてきたのだが、そのついでに、マダムはそこに置いてあったこんなパンフレットを持って帰ってきたのだった。
オーストリア造幣局のパンフレットで、有名な「フィルハーモニー金貨」などが載っている。
私も何の気なしにパラパラとめくっては眺めていたが、一つだけとても懐かしいものが載っていた。
マリア・テレジア銀貨である。
小学校高学年の頃、私は古銭や外国のコインを集めていた。
と言っても子供のお小遣いで買える程度の、寛永通宝とか天保通宝、いづれも当時五十円から二百円程度で売られていた安価なものばかり集めては一人悦に入っていたのだが、いつ頃か詳しいことはすっかり忘れてしまったが、ある日どこかのデパートの古銭コーナーで、私はこのマリア・テレジア銀貨を見つけたのだ。
大きくて立派な割には、そんなに高価では無いように思ったので、確か二千円ぐらいだったろうか。
何も知らない子供だった私は、きっと自分が大人になった頃は随分値上がりしているに違い無いと希望に燃えて、まるで清水の舞台から飛び降りるような気持ちで買ったのを覚えている。

その後10年ぐらい経ったある日、すっかり古銭に興味がなくなっていた私は、とあるデパートの古銭コーナを素通りしながら、一瞬、眼の端でこのコインを見つけ「あっ!」と思いショウケースに近づいた。
一体いくらになっているのだろう?ワクワクしながら目を凝らして値段を見てみたら「2,000円」であった。
落胆した私はその後この銀貨を失くしてしまい、現在は手元にない。



ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ


人気ブログランキングへ

オーブン 2


DSCN7646.jpg本文と関係なく、フィアカー


昨日の続きです。

詳細は、こちら!

オーブン 1


DSCN7619.jpg本文と関係なく、 リング通り ゲーテ坐像とビム(トラム)


オーブンが壊れて、その件で「詐欺に遭った気分」になって
ヘソを曲げてしまったので放り出してから
ナントかれこれ3年半もの月日が流れてしまった。

帰れ、ソレントへ





ある日、旧市街を歩いていると

ウィーンには似つかわしくない音楽が流れてきた。

お買い物 テーブルウェア


DSCN7772.jpg


洋食器は、基本的にが好きなのだけど

ルルド 7 (動画付き)


DSCN7510.jpgルルド、バジリカ聖堂祭壇


ルルドは、今日でひとまずおしまいにしたい。

ローエングリン


DSCN7742.jpgウィーン国立歌劇場 ハートが2つ Es gibt ein Glück. (一つの幸福がある) 


ワーグナーの「ローエングリン」を観に行った。

ザッハー・トルテ


Sachertorte.jpg


ウィーンの名物ケーキといえば、
まあ、コレ、おなじみザッハー・トルテ

元祖であり、本家ウィーン、
ホテル・ザッハーのザッハー・トルテでございます。

ルルド 6 (宿泊先)


DSCN7475_201609170315036e0.jpgルルド、バジリカ聖堂


昨日、ルルドの記事を読んだ友人から
その間エニーちゃんはどうしたの?
と聞かれたが、

よくあることですが、


DSCN7680_201609152251340ab.jpg


出先から戻る前に家へ電話を入れると

パンを買ってきて!

と言われた。

ルルド 5


DSCN7438.jpgルルド 慈悲の門


すみません、ルルドの写真がまだまだ沢山あるので

載せたい。

ウィーン街角散歩


DSCN7630.jpg


シュヴァルツェンベルグ広場の方を旧市街から眺めた図

無名戦士の碑が見える

暑い日の飲み物


DSCN7628.jpg


このところちょっと暑いウィーンだ(30度くらい)

今日は、先日友人宅でご馳走になったコレを思い出して

スーパーで買ってきた。

まあ、奇遇!


DSCN7608.jpgシュテファン大聖堂横のフィアカー


シュテファン大聖堂の中で

たまたま会ってちょっとお話ししたら、

ルルド 動画 2


[広告] VPS



ルルド名物ロウソク行列を

バジリカ聖堂の上から眺めた時の動画だ。

図録プレゼント


図録プレゼントへの応募は締め切りました(2016年9月10日、日本時間22時)

DSCN7574.jpg三浦賢一油絵展図録 18,2cm x 18,2cm


日頃、拙ブログをご覧いただいている方へ

ルルド 4


DSCN7413_2016090901280129e.jpg


ルルドのバジリカ聖堂の壁画。

ルルド 3 (2日目午後市内観光)


DSCN7391.jpgベルナデッタの生家


ルルド2日目の午後は、ドイツ語のツアーで
ベルナデッタ所縁の地を訪れた。

まずは生家。

ルルド 2


DSCN7356.jpg宿泊先の修道院は小高いところにあり、ここから毎日バジリカ聖堂のある聖域とその向こうの市内へ2〜3往復した


何度も同じ風景で恐縮だが
ルルドへ到着した翌朝
部屋の窓からのバジリカ聖堂

ルルド 動画 1


[広告] VPS


ルルドへ着いた翌朝
朝食(7時半〜)前に
部屋の窓からの眺めをビデオに撮ったので
ご覧ください。

お嫁に行った絵たち


ちあきちゃん宅
お玄関に飾られたF4号「銀と薔薇」


以前にも書いたが、
Kenwanは、自分の絵がお買い上げ頂いた先で
どんな風に飾られているのか、まず知ることはない。

ルルド 1


DSCN7340 (1)トゥールーズ、マタビオ駅前


8月30日早朝(4時すぎ)、予め頼んでおいたタクシーで空港へ行き
6時25分の便でローマへ、そこで乗り換えて
トゥールーズまで飛んだ。