2017年07月

焼肉とウサギ


DSCN2818.jpg


友人宅にお呼ばれで焼肉をご馳走になった。

当初、緑のオアシス屋上の予定だったが
残念ながら雨がポツポツ、、
スポンサーサイト

ブルーベリ〜


DSCN2787.jpg


ブルーベリ〜

ドイツ語では、ハイデルベア〜 という

ジャズのライブに行く

unnamed.jpgPhoto by I. Higa

今日は私kenwanが書きます。

先日(22日)、友人に誘われてジャズのライブに行ってきた。
一区にある「Porgy&Bess」というライブハウスは、これが2回目で、
前回も思ったのだが、少し広めのとても居心地の良いライブハウスだった。

Buster Williams: bass
Steve Wilson: alto, soprano saxophone
George Colligan: piano
Kush Abadey: drums


以上が演奏者である。

バスのバスター・ウィリアムズが1960年代から活躍しているベテランで、このクァルテットのリーダー。
あとは若手、または中堅どころ、と言ったところだろうか。
しかしどの演奏者も、熱のこもったとても良い演奏をしてくれて、
演奏の毎瞬毎瞬に新しい音楽が生まれ出る、というジャズのライブの醍醐味を、改めて感じさせてくれた、非常に充実した楽しい時間だった。



ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ


人気ブログランキング

クレタ島のお土産


DSCN2814.jpg


友人が、ヨーロッパ発祥の地
ギリシャはクレタ島へ旅してきて

そのお土産をいただいた。

シニア犬


DSCN2758_20170723203119e40.jpg


12才と4ヶ月のエニーである。

人間の年齢に換算すると大体66才だそうだ。

タフな方にオススメ!


DSCN1748.jpgウィーンの地下鉄シュヴェーデン広場付近


昨夜、Kenwan娘が「宝探し」に出かけた。

帰り道


DSCN2429.jpg


昨日の続きで、
モルダウ川に架かる橋を渡ったところで
引っ返すことにした。

モルダウ


DSCN2370_20170719030808eb0.jpg向こうに見えるのはプラハ城


チェコ語だとヴルタヴァだそうだ。
モルダウは、ドイツ語である。

プラハのイタリアンと和食レストラン情報


DSCN2301.jpg


プラハに着いた日の晩は、神父様の案内で
ピッツェリア(ピザ屋さん)へ行った。

プラハの街角


DSCN2314.jpg


相変わらずプラハだが、
これは、イエズス会教会
(この裏手に宿泊)

夏は果物が美味しい


DSCN2747_20170715033923432.jpg


プラハにもBILLA(ビラ、スーパーのチェーン店)はあったが
これは、ウィーンのBILLAで買ったブラック・チェリー

プラハの街


DSCN2344.jpgプラハの石畳 ウィーンより細かい?


プラハは、戦災に遭わなかったので
古い建物が綺麗に残っている、と
よく聞く。

最新作のご紹介 「少女」


F8号題名「少女」F8号 題名「少女」


珍しく背景が桃色である。

プラハのお土産


DSCN2339.jpg


プラハの地下道で可愛い女の子の顔写真

読めるのは、スーパーブランド だけ

プラハの部屋


DSCN2605_20170711192034fc3.jpg宿泊先の窓からの眺め


2泊3日でプラハへ行って来た。

7月の天使

DSCN2283.jpg
サーノ・ディ・ピエトロ作「受胎告知の天使」 アヴィニョン プチパレ美術館蔵

今月はマダムが夏休みなので、私kenwanが書きます。

この絵の作者とされている、サーノ・ディ・ピエトロという絵描きを私は全く知らなかったが、ネットで調べてみると、15世紀のシエナ派の画家と分かった。

私は二十代の後半、2年間イタリアに住んでいたが、その間一度も古都シエナに行ったことがない。
だからと言う訳でもないが、イタリア・ルネッサンス時代にフィレンツェ派やヴェネツィア派とともに活躍したシエナ派の画家たちについては全く無知である。
それは、シエナ派が保守的で古いスタイルの絵画が主だったと、私が誤解していた事も理由だったと思う。

ただ、今になって、ご飯を食べながら無心にこの絵を眺めていると、「良いなぁ〜」と言う感想しか浮かんでこない。
初めて見た絵なのに妙に懐かしくて、模写したいほどだ。

と言うのも、私が武蔵野美術大学の日本画学科を卒業して一年ぐらい、「黄金背景テンペラ」と言う技法を勉強し、作品をせっせと描いていた時期がある。
「黄金背景テンペラ」とは、ヨーロッパの絵画が油彩画になる前の技法で、まさに上の絵が描かれた時代の技法なのだ。
だから、この絵を見ていると、どの部分をどのように描いたかが手に取るように分かる。

しかし、それと同時に、大学を卒業したのに就職もせず、海外渡航を夢見ていた二十代の私の、あの頃の不安と恍惚の入り混じった気持ちも思い出されるのだ。







ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ


人気ブログランキング

夏休み


DSCN2268.jpgウィーン1区、アルベルティナー広場脇のフィアカー


暑中お見舞い申し上げます。

嬉しい!感謝!


DSCN2257_20170702052300dd7.jpg


先日、ミサ曲のラテン語について
書いたが(「少し専門的」)、

おめでとう!


DSCN2248_201707010737219fb.jpg手をつけてしまった写真で申し訳ない、ヴィーナーシュニッツェル 試験の後打ち上げ


Kenwan娘のハープの卒業試験があった。