2017年09月

更新が遅れたその訳は、


DSCN4084.jpgホイリゲ飯って感じ 手前の豚肉は、キュンメル(キャラウェイ)ブラーテン(外はカリっと中はジューシィー) ザウワークラウトがちょっぴり、黒パンにお肉と玉ねぎを刻んだペースト


昨夜は、ホイリゲ(ワインと簡単な料理の居酒屋)で娘の誕生日祝いの
サプライズパーティーがあったのだった。
スポンサーサイト

今年もまた


DSCN4053.jpg


少し前に娘の誕生日があり
リクエストに応えて
Kenwanがフルーツタルトを焼いた。

最新作のご紹介「ヴェネツィア土産」


DSCN4028_2017092808155622b.jpgP3号 題名「ヴェネツィア土産」


このカメオのブローチも
レースのハンカチも
ヴェネツィアへ行った折のお土産なのだが、

簡単に美味しく


DSCN4036.jpg


時々食べたくなる
青かびチーズである。

覆面禁止法


DSCN3911.jpg本文と関係なく、ライン川のほとり


在オーストリア日本大使館より
メールで10月1日より覆面禁止法
(本年6月に法律が成立)が施行される旨
連絡があった。

お土産にいかが?


DSCN4016.jpg


友人が「近頃気に入っているの〜」と
紹介してくれたクッキーだ。

家の中の音


DSCN4000_20170924053918177.jpg


普段は、ほとんど使わないのだが
我が家には、昔友人が日本に帰国する際
置いていってくれた電動ミシンがある。

ドイツの印象


DSCN3956.jpg


思えば、こんなに長くウィーンに住んでいるのに
お隣の国ドイツへ行ったのは初めてだった。

幼馴染の大家たち


DSCN3975.jpg夜のブルグ庭園 シュメッターリングハウス(蝶々ハウス)


昨夜は、前の晩遅くにドイツから戻って
まだ疲れていたのだけど
頑張って合唱の練習に出かけた。

でも、割といつも定刻


DSCN3846_20170921061603edb.jpg


ドイツの某空港に降り立ち
電車の時間に間に合うよう
急ぎいただいたのが、上の写真の
タイカレー、、、

秋の散歩 最終章

DSCN3827.jpg
奥に見える木で出来た櫓の様な物の中で、明け方、狩人は息をひそめて鹿や猪を待つのだろうか。


マダムは昨日から所用でドイツに行っていて、今晩9時半ごろには帰宅しているのだけれど、さすがに疲れた様で、今日もブログを代筆して欲しいと言うので、私kenwanが、森の散歩の記事をこれでおしまいにしようと思う。

マダム独特の軽妙洒脱な文章を期待されている読者も多いと思うが、もう1日ご容赦下さい。

秋の散歩の続き

DSCN3800.jpg
このブログの愛読者の方ならお馴染みかもしれないこの景色「イェーガーヴィーゼ」

今日は訳あってマダムはお休みで、私kenwanが代わって書きます。

森への散歩は、マダムの方がよく行く。
出不精の私は、それでも三回に一回ぐらいは一緒に行くようにしている。
この散歩も行く前はちょっと億劫だったけど、森の中に入っていくと本当に気持ち良かった。
「本当に来て良かったよ〜」と二度ぐらいマダムに言ったほどだ。

雨降り日曜日


DSCN3780.jpgウィーンの森の中、木にコースの印がついている


今朝は、アウグスティナー教会のミサへ行き
合唱でシューベルトのミサ曲(D324)を歌って来た。

昔の話


DSCN3790.jpgこのブナの林なんか、ほんとゴチック建築の天に向かってそびえ立つ支柱のごとく、だ


あれはね、僕が教えてあげた言葉でしょう、
とKenwanが、四半世紀以上も前の話を持ち出した。

秋の散歩


DSCN3738.jpg


いつものコースで
コーベンツルへバス(38A)で
登ってきたところだ。

バターリャ修道院


DSCN3373_20170915034816d90.jpg


バターリャ修道院は、アルコバッサ同様、ユネスコの
世界遺産に登録されている。

美味しい写真と歌三昧の日


DSCN2860.jpg


写真は、少し前になるが、夏にKenwanのお誕生日があって
ペキンダックでお祝いした折のもの。

アルヴァレスの騎馬像


DSCN3361.jpg


アルコバッサを後にして
バターリャへ向かった。

アルコバッサ(ポルトガル)


DSCN3319.jpg


またポルトガルだが、
ナザレで美味しいお魚をいただいた後
バスに乗り込むと、今度は、アルコバッサへ行った。

1区でお茶


DSCN3684.jpg


しばらく前に老舗菓子処のゲルストナーが
国立歌劇場横へ引っ越した。

くまさん達の夢の競演


DSCN3691.jpgモーツァルトヴェルディ


テディベアの超有名ブランド
シュタイフのショーケース

夏去りぬ


DSCN3712.jpgコンサートが引けた楽友協会近辺


9月になってシーズンが始まり
これが私にとっては最初のコンサートだ。

9月の天使


DSCN3698.jpg


フラ・アンジェリコの天使である。

ウィーン7区シュピッテルベルグ界隈


DSCN3655_20170907034436fb3.jpg写真中央の丸屋根は、自然史博物館


このところナザレが続いたので
懐かしいウィーンの風景をどうぞ!

ナザレ(ポルトガル)レストラン


DSCN3306.jpg


事前に予約しておいたレストランは、こちら
で、お店を通って、そのまま突き抜けたところに
席を用意してくれてあった。

ナザレ(ポルトガル)路地裏


DSCN3280_201709050057133ce.jpg


お洗濯物をつるってあるのが
いかにも。

ナザレ(ポルトガル)海岸部


DSCN3269.jpgこれが、ナザレ名物民族エプロンとスカーフの出で立ちのばあば二人


ナザレのシティオ(岸壁の上にある旧市街)から
海岸部へ降りて来た。

わぁ〜い、海!


DSCN3231.jpg


昨日ご紹介した
ノッサ・セニョーレ・ダ・ナザレ教会前の
広場(シティオ、旧市街)から海を眺めた景色だ。

ナザレ(ポルトガル)旧市街


DSCN3193.jpgノッサ・セニョーレ・ダ・ナザレ教会


ファティマへは、5泊6日の旅だったが
その間、一日観光の日があって
海辺の町ナザレを訪ねた。

最近作のご紹介 「薔薇の肖像」


M8号「薔薇の肖像」M8号 題名「薔薇の肖像」


7月にプラハに行った折に
購入した花瓶に合わせて
縦長構図。