FC2ブログ

2017年12月

幸運を祈る


DSCN5642.jpg四つ葉のクローバーは、本物です。


これも(昨日とは違う)友人から
頂いたものだが、グリュックスブリンガー(幸運を運んでくる人、物)という。
スポンサーサイト



お正月を前に


DSCN5590_20171230045635191.jpg


お正月を前に貴重なものをいただいた。

最新作のご紹介 「白日夢」


F12号題名「白日夢」F12号 題名「白日夢」


毎度毎度お馴染みな構図だが
これだけ何度も同じ構図で描いていて
Kenwanにどういうところに苦心するのか
聞いてみた。

1983年製


DSCN5611.jpg


24日の午前10時頃 
Kenwanとエニーも一緒に家のエレベーターに乗り
地上階まで降りたところ

カタンと音がして、、、

クリスマス・ミサから


DSCN5566.jpg
12月25日アウグスティナー教会、オルゲル・バルコンから


12月24日の晩は、家族と友人たちとで
一緒に夕食を囲み、Mette(メッテ)という
クリスマスイヴの真夜中のミサへ出かけた。

ご挨拶


DSCN5589.jpg


こちらは、まだ12月25日、

Frohe Weihnachten ! (フローエ・ヴァイナハテン !)

Merry Christmas !

クリスマス


DSCN5560.jpg


プレゼント、色々頂きました。


ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ


人気ブログランキング

クリスマスカード


DSCN5518.jpg
Kenwan娘作、クリスマスカード


メリー・クリスマス!

皆さま、どうぞ良いクリスマスをお迎えください。



ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!



にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ


人気ブログランキング

ブリキの缶


DSCN5491.jpg


こういうカンカン好きです。

ポカポカ・エニー


DSCN5440_201712220326305f8.jpg
子羊(?)のようなエニー

ブリーダーさんから電話がかかってきて
ちょっと会いましょう、というので
出かけてきた。

南インド料理レストラン


IMG_1351.jpgカメラをまた忘れたので、今日の写真はすべて友人Y子さんのスマホで撮ってもらった(どうもありがとうございます!)

インド人の神父さまのオススメ
南インド料理のレストランへ行ってきた。

女は度胸?


DSCN5398.jpg美しいエアバーザール


Kenwan娘が、金曜日の晩に
「日曜日の晩に歌うことになった」
と言うので、冗談かと思っていたら本当だった。

美術館のカフェ


DSCN5392_20171219052409604.jpgウィーン美術史美術館内カフェ


日曜日、アウグスティナー教会のミサで
待望のパレストリーナを歌った後
ミサに来ていた友人とカフェへ行った。

クリスマス・コンサート


DSCN5384.jpg劇場博物館の中にあるエロイカ・ホール


昨夜は「立ち食い」なんかして
どこへ行ったのかというと
クレメンチッチ・コンソート
クリスマスコンサートである。

立ち食い


DSCN5383.jpg


ちょっと腹ごしらえに寄ってみた。

師走はどこも忙しい


DSCN5353.jpg左手はブルグ庭園、アルベルティーナ越しにアウグスティナー教会の尖塔


クリスマス前で
何かと忙しい毎日である。

クリスマス・クッキー


DSCN5369.jpg


何度か書いているように、
ウィーンのクリスマスに欠かせないお菓子は、
ケーキではなくてクッキーである。

12月の天使


DSCN5328_20171214090043c9f.jpgサー・エドワード・バーン・ジョーンズ作「フラジオレットを奏でる天使」油彩 The Makins Collection

一年間楽しませてもらった、「天使の絵シリーズ」のカレンダーもこれで最後だ。

作者のエドワード・バーン・ジョーンズは、ラファエル前派の画家として有名だ。

「ラファエル前派」は19世紀中頃にヴィクトリア朝イギリスにおいて活躍した美術家、批評家のグループである。

「ラファエル前派」という名称には、イタリアルネッサンス盛期にラファエロによって完成され、19世紀のイギリスの美術界を覆っていた古典主義の決まり切った様式を捨てて、中世や初期ルネッサンスの絵画に見られる瑞々しい感性を取り戻す、という意味が込められている。

なるほど、この天使も、十代の英国女性を思わせる若々しさと物憂げな表情が、バーン・ジョーンズの独特な様式で描かれていて魅力的だ。

先日、マダムが来年のカレンダーを買って来てくれた。
新しいカレンダーは、カール・ラーションというスウェーデンの画家の絵が毎月見られる。
これはこれで楽しみだけど、この一年楽しませてくれた天使たちも、やはり名残惜しい。

kenwan記す



ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ


人気ブログランキング




早い夕暮れ


DSCN53372.jpg


午後3時半を過ぎるともうあたりは
薄暗くなってくる今日この頃。

マジパン・トリュフ


DSCN5324.jpg


Kenwanは、シュトッレンを焼くとき
真ん中に一本、棒状のマジパンを入れる。

クリッペ


DSCN2561.jpgこれも今年7月にプラハで撮った写真だ。


ドイツ語では、クリッペという
クリスマスシーズンに家庭でも飾られる聖家族と家畜小屋の模型だ。

寒中お見舞い


DSCN2480.jpg


ウィーンもだいぶ冬らしく寒くなってきた。
暖かい頃の写真を、と思い探してきた。

アヴェ・マリア


DSCN5258_20171209061341372.jpg本文とは関係なく、左側の建物はウィーンの市庁舎 犬の散歩をしている人の向こうにクリスマス市のお店が見える。


12月8日は、無原罪の御宿りの祝日で
私の通う日本語カトリック教会でもミサがあり
先唱と「アヴェ・マリア」(クントナー)を歌わせていただいた。

卒業式


DSCN5199.jpgウィーン市庁舎内


今日は、ウィーン私立音大の卒業式があった。

会場は、市庁舎の中にあるホールである。

クリスマス市(市庁舎前)


DSCN5176.jpg


Kenwan娘が、市庁舎前のクリスマス市に行って
お土産を買ってきてくれた。

赤カブ


DSCN5171_201712060806084d6.jpg「おかずの基礎とコツ百科」(主婦の友社、絶版)より画像拝借


日本にいた頃は、あまり馴染みのなかった赤カブだが
こちらでは、市場やスーパーの野菜売り場でよく見かける。

後の祭り


DSCN5132.jpg
本文と関係なく、シュテファン広場のクリスマス市


いや〜、みんなで悔しがった。
実は、先日のバザーに出品した物の中に
結構なお宝があったのだった。

変わる常識


DSCN5139_20171204060400450.jpgアウグスティナー教会


今年は、12月3日(日)からアドヴェント(待降節)が
始まった。


バザー


DSCN5148_20171203035250944.jpg


今日は、国連とカニジウス教会のバザーだった。

私は、国連へお手伝いに出かけた。

こうもり





昨夜は、珍しくフォルクス・オペラへ出かけた。

演目は、ヨハン・シュトラウスの「こうもり」だ。