メドゥーサ


DSCN3844.jpgウィーン自然史博物館


午後4時半頃だっただろうか

建物に夕日が射して、薔薇色に見える。

キレイ!

いえね、この写真をトップに持ってくるのは

ちょっと、、、遠慮しました。


DSCN3850.jpgペーター・パウル・ルーベンス作 「メドゥーサ」 ウィーン美術史美術館蔵


ほとんど、怖いもの見たさ で撮ってきた写真だ。

こういうものを こう克明に描いてしまう

というのも 絵描きの性(さが)だろうか。

それに、話(ギリシャ神話)に聞くメドゥーサってどんな?

って、私の「怖いもの見たさ」と同じように

当時(17世紀初頭)の人たちの要求もあったのだろう。


それにしても、この刺激の強い現代に生きている私でも

うひゃっ と思うのだから

当時の方には、さぞかしキョーレツだったのではあるまいか。


お帰り前に、穏やかな写真をどうぞ!

DSCN3845.jpgウィーン美術史美術館前広場からリング方向を眺める ミノリーテン教会の赤い屋根



ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


スポンサーサイト