私にはない娘の才能


DSCN3849.jpg本文と関係なく、カノーヴァ作「テセウス群像」 ウィーン美術史美術館中央階段ホール


このところ、実はどうも色々面倒なことが勃発して

参っている。

DSCN3848.jpg本文と関係なく、ムンカーティ作「ルネッサンス賛歌」 ウィーン美術史美術館ホール天井画


ポストに「小包が届いているから取りに来い」用紙が入っていて
それを見ると何やら金額が書き込まれてあるので

へぇ〜、なんか関税が取られるぞ〜〜

と、詳しく見ると中身は画商さんに預けてあったKenwanの描いた絵じゃないか

自分の作品を関税を払って受け取るんかい?

しかし、郵便局で事情を話して、税関へ戻してもらって(ここで手数料が発生するだろうし)

税関まで受け取りに行って、、、往復の交通費に所要時間約2時間を考えると

もう、そのまま受け取っちゃった方がいいんじゃない?

と言っていたら、Kenwanが40ユーロも払って貰い受けてきた。

(郵便局は、関税を徴収するかどうかを決めるところではなく、

よってその関税についての是非を問うところでもない

そして、税関から指示された額の関税を受取人が払わなければ荷物を受け渡してはくれない)



40ユーロ!!

いや、半分くらいの数字が書いてなかったっけ??

根がケチな私は、俄然、それは戻してもらいましょう、という気になって

昔だったら(実際こういうことはあって)自分で手紙を書いたのだけど

近頃、どんどん娘に頼るようになっていて

娘に電話をかけてもらって、返金請求の手紙も書いてもらって送った。

多分、忘れた頃にKenwanの口座に振り込まれるだろう。

だけど、娘が電話をしているのを横で聞いていると

なんか彼女はうまいんだよね。

ドイツ語がちゃんとできるというだけでなく(そこはかなり大きい勝因ではあるけれど)

若い女の子という強みもあるんだろうな、うん

でも、それだけでもなくて、なんかうま〜く

そうでしょう? 自分の描いた絵に税金払うのはねぇ、、、

相手をうま〜くペースに乗せるみたいな、、合わせるみたいな、、、

あれは、どこで習ったんだろう?


ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


スポンサーサイト