咳にハーブティー


DSCN4258.jpgハーブショップ・コッタスの袋と隣はロゼッタちゃん元気です!)


娘は、風邪を引くと咳がなかなか取れなかったり

呼吸器系が、少々弱いらしい。

DSCN4262.jpgコッタスで調合してもらった呼吸器系をサポートしてくれるハーブティー


試験中だというのに、コンコンしている娘に

ハーブティーを調合してもらってきた。

以前、4年ほど前になるが、旧「ウィーンの静物画家」にも載せたのだが

ウィーン1区Freyung7Kottas(コッタス)という

ハーブ・ショップがあり、そこでハーブティーを調合してもらえる。

手元にある本で、英国のピーター・コンウェイ氏の著作だが

その中に呼吸器系を広範囲にわたってサポートするハーブティーということで

レシピが紹介されている。


クローブ (Syzygium aromaticum) 10g
フェンネル (Foeniculum vulgare) 30g
グランドアイビー (Glechoma hederacea) 15g
マイレン (Verbascum thapsus) の葉 10g
スペアミント (Mentha spicata) 15g
タイム (Thymus vulgare) の葉 20g




上記のハーブを大さじ一杯、それに250mlの熱湯を注ぎ
蓋をして10分置く(これはコッタスの指示)

小さじ2杯のハーブに 沸騰直後の250mlの熱湯を注ぎ
カバーで包んで5分置く(ピーター・コンウェルの本より)

私は、カバーを持っていないので、蓋で10分の方を採用している。

ドラマチックに効き目を現してはいないけれど、少しずつ楽になっているようだ。





ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


スポンサーサイト