読書


DSCN4668_201603070753531b2.jpg


里山資本主義

友人が面白いから、と貸してくれた本だ。

身の周りを見回して、使えるものは使いましょう。
せっかくの宝物を放って置いては勿体ない、
というようなお話。

すべて、これで賄えるとは考えられないけれど
工夫して利用したら、暮し向きが助かる
というようなことを、地域全体で取り組めば、
大きな力、流れが生まれる。

こういう発想の転換って大事だと思う。

人口がどんどん増え続けていた時代なら
経済成長は望めたのだけど
今は、人口が減っている時代
自ずと同じような経済成長率は望めないのだ。

そのことをわきまえて、それならそれなりの
暮らしを考えたらよろしい。

どんどん儲けて(稼いで)、どんどん使って
ではない暮らしでも幸せは見つけられる。




ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


スポンサーサイト