青信号の横断歩道で


DSCN5283.jpg本文と関係なく、ベルヴェデーレ宮殿敷地内にあるブルックナーが亡くなった家のプレート


昨日の事だ。

私は、王宮側から美術史美術館の方へ

リングを渡ろうとしていた。

DSCN5278_2016041403332949f.jpg本文と関係なく、アントン・ブルックナーの亡くなった家


そこには、信号があり、横断歩道もあるところ

で、青信号になったので

一応左側を確認して(リングは一方通行で、しかも、王宮側から渡るときには
市電も左からしか来ない)

その時リングは大変空いていて、少し離れたところからパトカーが走ってくるだけだったので

私は、横断歩道を渡り出した。

私の対面にも横断歩行者が2〜3人いて、彼らも渡り出した。

と、そのうちの一人が、彼らの右側を見て足を止めた。

それとほとんど同時に、横断歩道を渡っている私の前を

少し速度を緩めたパトカーが、通り過ぎた


パトカーは、サイレンを鳴らしていなかった。


こういう時、すぐ思うのは、

この国の交通法規では、サイレンを鳴らしていない
パトカーでも、歩行者は、道を譲らないといけないのかなぁ?

という弱気な考え(ああ、情けない)

後から考えたら、それはおかしいでしょ?

街中でサイレン無しのパトカーが、ちゃんと信号待ちしているのは
何度も見ているもの

しかも、私たちが間違っていたら、あの時、現行犯で
注意されたはずだわ

あれは、サイレンを鳴らしているつもりで
突っ切ってしまったのか

ぼんやりしていて信号無視をしたのか

いずれにせよ、あの時、はねられた場合
信号が青だったことと、パトカーがサイレンを鳴らしていなかったことを

ちゃんと証明できるだろうか。

対面から横断してきた歩行者が、ちゃんと証人になってくれるかがカギだ。

以前、こういう時は、すぐに周りの人にお金を渡してでも

証人になってくれるように頼む、と聞いたことがある。

因みに「証人」は、ドイツ語でZEUGE(ツォイゲ)と言う。


ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ



スポンサーサイト