国営質屋へ行く

DSCN0269.jpgハンガリーの名窯ヘレンド「インドの華」

昨日、演劇博物館を出て
さて、せっかく旧市街にいるのだから
ちょっと散歩してから帰ろうかな、と

家の方向ではなく,反対を向くと
ドロテウム(国営質屋)が隣にあって

久しぶりに覗いて行こう、と
足を踏み入れたら百年目

出て来れなくなってしまった。
ジュエリー、ガラス、家具、絵
食器と色々あるのだけど

今日は食器の写真をどうぞ!

一枚目の写真は、ヴァレリーとフローリアンの
ウェディング・リストになっている。

二人は、このヘレンドのセットを希望していて
親戚や友人が、それぞれ予算に応じてパーツを
結婚のプレゼントに買う、ということだ。

DSCN0264.jpg

こちらもヘレンドで「ウィーンの薔薇」

DSCN0204.jpg

ドイツが世界に誇るマイセン
「ツヴィーベルムスター」(玉ねぎ模様)
日本では「ブルーオニオン」という名前で
知られているかな。

DSCN0147.jpg

ご存知ウィーンのアウガルテン

これは、ブルーメンブーケット
フォルムは、62番のモーツァルト

DSCN0152.jpg

アウガルテンの「プリンツ・オイゲン」
やはりフォルムは62番モーツァルト

DSCN0156.jpg

アウガルテンでデコア(柄)ナンバーが5980
ちょっと珍しい柄だ。

しかもよく見ると、少しずつヴァリエーションが付いている。

フォルムも114番。

ティーポット、ミルクソーサー、シュガーポット各1客
ティーカップ6客のセットで
700ユーロ也!

今のレートだと9万円位

まあ、新品だと3倍くらいするんじゃないかしらね?

DSCN0140.jpg

これは、私が好きな矢車草模様のアウガルテン
フォルムは、1番のシューベルト

手前のデザート皿が、6枚で170ユーロ也。
約2万2千円

DSCN0261.jpg

上の矢車草もそうだけど
これもアウガルテンの中で「アルテ」古いと
名のつくデコア(柄)でフォルムは1番シューベルト

1番シューベルトの真っすぐな線じゃないと
無理な模様だ

これ手描き,という事を考えて欲しい
新米絵師じゃ、描けないね。


ポチッと応援クリック
よろしくお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




スポンサーサイト