プラハ、ネポムクさん


DSCN8029.jpgカレル橋、マラー・ストラナ側の橋塔


プラハ城を後にして

カレル橋に向かった。

DSCN8042.jpgカレル橋の「ネポムクの聖ヨハネ像」


プラハに着いた日の夜
カレル橋まで散歩に行ったのだが

その時には、暗くて橋の上に並ぶ30体の彫像は識別できなかったので
昼間に来て

ぜひ、眺めてみたかったのだ。

その中でも、これね

ネポムクの聖ヨハネ像(聖ヤン・ネポムツキー)


DSCN8043.jpgネポムクの聖ヨハネ像の下にあるレリーフ


この方は、王妃の告解師を務めていたのだが

その内容を王に詰問されても明かさず

拷問を受け落命、その遺体はカレル橋からモルダウ川へ投げ込まれたそうだ。


DSCN8044.jpgこれも同じくネポムクの聖ヨハネ像の下にあるレリーフ


ここへ来ると、皆さん

このレリーフに触っていかれる。

お陰でレリーフはピカピカ

訳も知らずに私も真似をして両方のレリーフを撫でてきた。

後から、調べたところ、「幸運が訪れる」そうだ!

しかし、この犬は、どういう役割だったのか、、

後ろに王妃が告解しているような図があるので

その折の番犬だったのかな。。


ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト