こういう時どうします?


DSCN9631.jpgドロテア・レーシュマン(ソプラノ)とゲラルド・フーバー(ピアノ)


昨夜は、ドロテア・レーシュマン(ソプラノ)のリーダー・アーベント(歌曲の夕べ)に出かけた。

DSCN9617.jpgウィーン楽友協会ブラームス・ホール 中央バルコン席1列目より


プログラムは、シューベルト、ヴォルフ、マーラー
好みの物ばかり。

私にしては、奮発して良い席(中央バルコン席1列目)を入手したのに、、、

最初のシューベルトが4、5曲終わったところで
拍手があり、間が空いたところで

空席になっていた私の隣の席へ後ろから移ってきた方があった。


DSCN9621.jpg休憩時間にバルコンを回って舞台の上から私の席の方を見る


空いている良い席に移動すること自体は、別に構わないと思うのだけど

・・・ドスンと腰掛けた途端に

こちらは、頭を抱え込みたくなった。

猛烈に臭いのだ!

まさか浮浪者ではないと思うのだけど

ほとんど、それに近い臭さだった。

多分、お風呂にずーーーっと入っていないのだ。


DSCN9627.jpg客席からピアニストの手がよく見えるようにピアノは少し客席側に傾けて置いてある


どう仕様もないので、そのまま最後まで
我慢して聴いてきた。


私、前にも一度同じ経験がある。

あの時は、大ホール(黄金ホール)の方で
やっぱり、とっても良い席だった。

(バチが当たるような)
なんかイケないことしたかしらねぇ。。


ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト