どうしようかしらねぇ?


DSCN9640_2016121007282560a.jpg本文と関係なく、コンサートが引けて 楽友協会前からカールス教会を眺める


10月に暖房器具の点検に来てもらった話は、
以前書いた

で、点検した後、調子が悪く、寒かった話も書いた。

で、何とか暖かくなったのだが、

実は、まだ続きがあったのだ。


あれから、今度は、浴室のラジエーターから水漏れするようになった。

一応言っておくが、点検以前の水漏れはなし。

そして、夫も私も、技術者が、そのラジエーターの前に座り込んで
その中から液体を抽出して、何やら調べているらしいのを見ている。


水漏れについてメーカーへメールを書いた。

すると、またしても私の携帯へ掛かってきて

技術者と話したのだけど、お宅の暖房器具は大変古いので

この際、買い換えた方が良いですよ

などと言うので(そりゃ、お宅は儲かる話だね)

実際ひじょーに古いという事実も知っているので

ここは、賃貸アパートなので、その旨メールに書いてくれる?
そうしたら、私、それをもって管理会社と相談ができるから

と言ったのだけど、

一度は、それについて検討する、と言って切ったのに
やっぱり、そういうものは書けない、と言ってきた。

では、とにかく、あの水漏れ 直してくれないか

って話なのだが、

なんと、こちらは、点検はしますが修理はしません

というメールを寄越した。


(前は、点検後3ヶ月以内に不備があった場合は無料で直してくれたのだが
あのメーカーとしての誇りと誠意はどこへ行っちゃったんだ?!)


今回の件、平たく言うと

うちにしてみれば、古いのは知っているけれど、

なんの問題もなく作動していた暖房器具を

点検と称して大枚(約3万5千円)を取って壊して行って

直すことはできないから、新しいのを買えって

話だよね?


だんだん慣れっこにはなっているものの

やっぱりひどい話だと思う。


ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト