冬至


DSCN9762.jpgウィーン7区、シュピッテルベルグのクリスマス市


今日は冬至だったそうで(時差の関係で書いている今、こちらはまだ21日)、
日本の友人から柚子とカボチャの売れる日だ、とメールがきた。

DSCN9771_20161222035237c57.jpg


冬至といえば、一年で一番昼の短い日で

これから、だんだん日照時間が増えていく


DSCN9774.jpg


ウィーンに暮らすようになって

暗く寒く長い冬も年を越すと、何となく

日が長くなってきているのを感じて

先に希望が見えて、気持ちが少し明るくなるようになった。


DSCN9779.jpg


何を大げさな、と思われるかもしれないが

きっと北国に住んでいらっしゃる方には

共鳴していただけると思う。


DSCN9784.jpg


外が寒いのは、風がなくてマイナス2〜3度くらいなら、

しっかり防寒して出かければ大して苦にならない。

でも、一日中暗いのは、これは結構堪える。

しかも、それが、来る日も来る日もいつまでも続くとかなり堪えるのだ。


DSCN9785.jpg


今日は、午前10時頃出かける折、温度計を見ると

マイナス2度だった。

この写真を撮った時も、零下。

ウィーンの冬だ。


ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト