第九





今日の一曲といったら

ベートーヴェン作曲 交響曲第9

オトマール・スウィトナー指揮

ベルリン・シュターツカペッレ、ベルリン放送合唱団

マグダレーナ・ハヨーショヴァー(ソプラノ)
ウタ・ブリーヴ(アルト)
エーバーハルト・ビュヒナー(テノール)
マンフレート・シェンク(バス)



私が音大生だった時に第9の合唱を歌ったのだけど

その時の指揮者が、オトマール・スウィトナーさんだったので

懐かしくて、、、


懐かしい、と言えば
もう一つ、

名手ゲルハルト・ヘッツェル(コンサートマスター)の顔も見える


やはり第9

レナード・バーンスタイン指揮

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン国立歌劇場合唱団

ギネス・ジョーンズ(ソプラノ)
ハンナ・シュヴァルツ(アルト)
ルネ・コロ(テノール)
クルト・モル(バリトン)


これは、なぜ懐かしいかというと

1979年9月2日ウィーン国立歌劇場でのライヴなのだが

私、この日、これを立ち見で聴いているのだ。
前夜から並んでチケットを手に入れた思い出がある)

1980年1月1日にウィーンに国連が開設されるにあたり
それを記念してのコンサートだった。


皆様、それでは、どうぞ、良いお年をお迎え下さい。


ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト