迷惑


DSCN0248.jpgウィーン楽友協会、コンサートが引けて


一昨日「今宵も」コンサートへ行った、と書いたのは、
実は、先一昨日もコンサートへ行ったからなのだ。

DSCN0221.jpgコンツェルトハウス モーツァルトザール 開演前の客席 平土間の一番後ろから


それは、オレグ・マイセンベルグのシューベルトのプログラムだった。

『シューベルトは「もうたくさん」と思ったことは一度もない』

と語っていたマイセンベルグが、満を持して(?)、
シューベルト生誕220年のお誕生日の次の日に

コンツェルトハウスのモーツァルトザールで
リスト編曲のシューベルトの歌曲や
「さすらい人ファンタジー」を弾いた。

「さすらい人」は、もしかしたら、ちょっとバテ気味?
集中が切れてしまったところがあったかもしれない、と思ったけれど

その前の「セレナーデ」が、素晴らしかった。


DSCN0230_20170205003848f3a.jpgコンツェルトハウスコンツェルトハウスのロビーにあるベートヴェン坐像


ところで、ふた晩続けてコンサートへ行って思うのだけど

マイセンベルグの時は、お隣に英語話者の観光ペアが座って
女性のスマホのバイブレーションが切れずに
着信のたびにブゥブゥブゥ- - - -

彼女は、ずっと消そうと操作して、結局ダメで
出て行ったんだけど

その折、ドアをバターん!

で、また戻ってきて、、、

スマホ見てるの

あれ、光が目に入ってすごく邪魔ですよね。

開演前に放送もされるのだから
始まる前にきちんと切りましょうよ。
で、コンサートって音楽聴きにきているのだから
スマホ見てるなら、来ないでほしい。


翌日も観光のご家族
私のお隣のお父さんは、多分
クラッシック音楽とか普段聞かない方で

ハイドンが始まると
もそもそ動き出すし、途中でため息つくし

これは、休憩の後は帰ってくれるかな、と期待したのに
帰らない。

だけど、静かになった、と思ったら
ご夫婦で口開いて爆睡

飛行機の長旅で疲れているのかしら

静かだから良かったと思ったのも束の間
最後の方で、お目覚めになって
またスマホ、、、(あの、無理に来なくてもいいじゃないですか?)

昔々、楽友協会のブラームスザールで
コンサートの最中に漫画読んでいた方がいて
日本人男性でしたけれど

「帰れ!」とか思いましたね。


DSCN0254.jpgカールス教会

確か、以前お隣に座った方が「クサイ」って書いたことがあったけれど

ウィーンのオペラ座やコンサート会場って
昔から割と不愉快な目に遭うことが多い気がする。だから、

(散々書いてしまってから何だけど)

あんまり目くじら立てないように
なるべく笑って済ませるようにしたい。

(いちいち腹立てていると楽しめないから)


ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト