ウィーンの小径


DSCN0485.jpg


ウィーン旧市街の目ぬき通り
ケルントナー通りからヴァイブルグ通りに入って
少し歩くと

正面にフランチスカーナー教会が見えてくる。

DSCN0488_20170307042434229.jpg


近くまで行くと広場になっている。

暖かい季節には、テラス席がいっぱい出るところだ。

写真には、ちょうど入っていないけれど

有名なカフェ、クライネス・カフェもこの広場に面している。


DSCN0504_20170307042433baa.jpg


ここもヴァイブルグ通り

トラハテン(民族衣装)のアウトレットのお店の看板が見える。


DSCN0507.jpg


ここからの眺めは、以前Kenwanも描いた

シュテファンの尖塔が見える。


DSCN0513.jpg


黄色の建物は、ホテル・ケーニッヒ・フォン・ウンガルン(ホテル・ハンガリーの王様)

手元にある古〜いガイドブックによれば、

32室の小ぢんまりしたお花いっぱいの女性向きホテルだとか。。


DSCN0524.jpg


写真では見えないが、

INDIA(写真右手)の看板まで歩けば、左手にシュテファン大聖堂が間近に見えてくる。

すぐ裏手なのだ。


ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト