国政選挙

6816405.jpeg  上はオーストリアの地図で、それぞれの地域でどの党が一番票を集めたかが色別に示されている。赤が社会党、黒が国民党、青が自由党で緑は緑

日曜日にオーストリアの国会議員選挙があった。
前回は、2008年で78、81%の投票率だったが
今回は、65、91%に下がった模様。

結果は、社会党(SPÖ)国民党(ÖVP)
第一党と第二党にそのまま座ったが

どちらの党もそれぞれ2、17%ずつ票を失ったのに対し

第三党の極右の自由党(FPÖ)が3、18%票を伸ばした。
シュタイヤーマルク州では自由党が勝った。(何となくイヤな感じ)

第四党は、緑の党(GRÜNE)だ。

ウィーンの中だけで見ると
自由党が勝った区はない(ホっ!)

1区と13区が、国民党

4、6、7、8、9、18区が緑

後は、全部社会党だ。(23区中15区)

緑が勝ったのは、ウィーン市内の上記の6つの区と
インスブルック市のみ

ウィーンは、相変わらず
オーストリア全体から見ると
特殊な街だ。

ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト