我慢強くなります


DSCN1598.jpg本文とは関係ないが、昨日の記事関連のゼラニウム


数日前に日本から小包が届いた


DSCN1601_20170516064007b92.jpg


郵便局のお兄さんが、家の玄関まで持って来てくれたのだが

いつもの方と違う

そして、19ユーロの税金です、という

(集金を兼ねる場合、いつもの配達員ではない方が来る)

あ〜ららー またかいな

と思いながらも、ここでとやかく言っても始まらないので

(このお兄さんは、配達と集金だけのお役だから)

チップを上乗せして20ユーロ札を一枚渡してサインをし

小包を受け取った

中身は、CDが一枚

送り主が書き込んだ書類を見ると

品物の金額は、3千円と記してある


オーストリアの関税局の書類では

1ユーロ 116,91円 のレートで

なぜか、それが44ユーロ48セントになっていて

その20%の8,9ユーロ プラス 10ユーロ(手数料?)

合計 18,9ユーロ という計算だそうだ


お兄さん、10セント 鯖読んだね


それは、ともかく 1ユーロ 116,91円 のレートで

3千円が44ユーロ48セントになる

その仕組みがわからない


普通に計算すると 25ユーロ66セント である


はたと思い当たって

送料を見ると2千2百円とある


あーこれだね

3千円 プラス 2千2百円 で5千2百円

これをユーロにすると44ユーロ48セントだ


ビンゴ〜!


だけど、これって有りなの?

送料にまで税金掛けるの?

しかも45ユーロ以下は無税じゃなかったっけ?


かくして、関税局へお手紙を書くことに、、、


割と疲れます


ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ


人気ブログランキング
スポンサーサイト