マリア・テレジア展


DSCN6589_20170607033816259.jpgマリア・テレジアのお祈りの本


昨日の続きで

プルンクザールで展示されていた

マリア・テレジア所縁のものをご覧ください。


DSCN6585_20170607033815aae.jpg


子供用の図鑑

よく見るとどうもラテン語で書かれてあった。


DSCN6612_20170607033748142.jpg


中央の二人が、マリア・テレジアと夫フランツ1世

周りの16人が子供達!(5男11女)


DSCN6608.jpg


その子供達の中には、

ルイ16世と結婚してフランス王妃となった

マリー・アントワネット

説明に記されている祖国での名は、

マリア・アントーニア・ヨゼファ・ヨハンナであった


DSCN6613.jpg


下の男性が、神聖ローマ皇帝、ハンガリー王、ボヘミア王

ヨーゼフ2世


DSCN6594_201706070337462da.jpg


開かれている本は、フランツ・スヴィーテン編集の蔵書目録

下段左、薬物について自然科学的レポート

下段右、歴史的観点からの造形美術についてのメモ

写真に撮ってきた説明プレートがブレていて解読不明な箇所があるため

少々不確かだが、大体上記のような本だ。


DSCN6640.jpg


こちらは、マリア・テレジアよりももっとずっと古い

何かの写本

帰りがけに階段付近で見かけた展示


ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ


人気ブログランキング

スポンサーサイト