小さな油絵シリーズ 「紅い薔薇」

DSCN9890.jpg

2012年12月 題名「紅い薔薇」15cm x 10cm


この小さな油絵は、昨年こちらの作品を描いている最中に、一日割いて書き上げたもの。

11月も半ばを過ぎた頃だったか、いつもの花屋さんに行くと、
さすがに露地栽培の薔薇はもう品揃えが貧弱になっていた。

薄ら寒い曇り空の下、露店なので寒そうにしている店のお姉さんに、
「もう無いかもしれないな」と思いながらも「紅い薔薇が10本欲しいんだけど・・・」と聞いてみた。
すると、お姉さんは「まかして!」と言わんばかりににっこり微笑み、
後ろに有るバンの扉をガラッ!と開けて、
まるで隠してあった取って置きのような紅い薔薇を十本、包装紙に包んでくれた。

懇ろに礼を言い、いそいそと帰る道すがら、
お姉さんに少しでもチップを上げれば良かったな、とわずかばかり後悔した。

で、この 真紅の薔薇の花を花瓶に活けて、ヴァイオリンやレースのハンカチの後ろ側に置き、
一晩過ぎると丁度良い開き具合だ。
その薔薇をせっせと描きあげて、他の部分も描いているうちに、
温かい部屋の中で花瓶の薔薇はどんどん開花し、
作品全体のバランスから見ると大きく咲き過ぎた物になった。

しかし、その薔薇の花瓶だけを見ると今を盛りの華やかさで、
これを描きもせず、ほって置くのが勿体ない気がしたので描いてみた。

自分で言うのもなんだけど、果敢無げな花らしさが少しは描けたように思う。


kenwan


ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!



にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト