おめでとう!


DSCN2248_201707010737219fb.jpg手をつけてしまった写真で申し訳ない、ヴィーナーシュニッツェル 試験の後打ち上げ


Kenwan娘のハープの卒業試験があった。

12歳の6月6日からハープを習い始めて
思えば、ちょうど10年の月日が流れた。

そして、ちょうど30年前の6月に
Kenwanと私は結婚したのだが

その折、式場の方からお好きな曲があれば
それをカセットに入れて渡してください
披露宴のBGMに流します、と言われ

私は、オール・モーツァルト・プログラム
カセットを作って渡したのだった。

その中に「フルートとハープのためのコンチェルト」はあった。


娘は、この4年間ウィーン大学で数学とラテン語と教育学を学び
ウィーン私立音大でハープを専攻して、幾つも草鞋を履いて
よく頑張った、と思う。

今宵のコンチェルトは、会心の出来とは言えないかもしれないけれど
よく頑張った、おめでとう!


まさか30年後に自分の娘が、この曲を弾くことになるとは
しかも卒業試験に、、私は夢にも思わなかったよ。
どうもありがとう。


ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ


人気ブログランキング
スポンサーサイト