八月の天使

DSCN2858.jpgティツィアーノ作 「受胎告知の大天使ガブリエル」ブレシア 聖ナザロと聖チェルソ教会 アヴェロルディの多翼祭壇画より

マダムが旅行中なので、私kenwanが更新します。

さて、この絵は、後期イタリアルネッサンスの巨匠、ティツィアーノの三十代の傑作とされる大きな祭壇画の一部である。

普通、日本では「天使」というと赤ん坊か少女の体に羽が生えているものだけど、この「大天使ガブリエル」は見事な美丈夫だ。
Polittico_averoldi_01.jpg

多翼祭壇画の全体の姿が上の図版で、大天使ガブリエルは左上にいる。

八月になりカレンダーをめくってこの絵が出てきて、私が「この大天使ガブリエルが手に持っている帯に書かれている文句は何だろう?」とマダムに問いかけたところ、間髪入れずラテン語の一節を滑らかに語ってくれた。
「AVE (MARIA) GRATIA PLENA」
聖母マリアへの祈祷文の最初の一文である。

今朝、ポルトガルのファティマに旅立っていったマダムは、今夜9時半に始まるミサにおいて、この聖母マリアの祈りの日本語訳を5回先読みすることになっているそうだ。

その様子は、ここから見ることができる。
ウィーン時間では午後10時半、日本時間では翌日の午前5時半。
私は今から少しドキドキしている。



ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ


人気ブログランキングっc
スポンサーサイト