転ばぬ先の杖

DSCN0873.jpg

1880年創業の老舗カフェ
シュペールだ。

DSCN0872.jpg手前2客は、ブラウナー(コーヒーにミルク) 向こう左はカフェラッテ 右はカフェ・マリア・テレジア(コーヒーにオレンジリキュールが入っている)左のお皿は、モーン・クーヘン(芥子の実ケーキ)

この内装、いかにもウィーンの伝統カフェの趣。

場所は、ナッシュマルクトにも程近い
ウィーン6区グンペンドルファー通り11番

レハール通り側の隣に美術アカデミーの校舎
その隣に工科大学、その向かいは
テアター・アン・デア・ウィーンの楽屋口

という立地だが
まあ、旧市街ではないので
観光でいらした方にすると
かなり引っ込んでいるかな

と思いきや

20年前の手元にあるガイドブックにも
ちゃんと載っているし
今も観光のお客さんは多い。

で、お気をつけ下さい。

友人(ウィーン在住日本人)が
ここで、座って自分の前にハンドバックを置いて
話をしていると

バッグがススーっと動く

すわとバッグを抑えると

何と後ろに座っていた男の仕業で

目が合うとニっと笑って
逃げたそうな。

これは、シュペールに限った事ではなく
ホテルやカフェでの置き引きの被害は
絶えずあるので

お互い十分気をつけましょう。

ポチっと応援クリック
どうぞよろしくお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト