コンサートのご案内


DSCN6497.jpg
ウィーン4区カールス教会のすぐ近くにあるSALON BRAHMS


昨夜は、歌とチェロのコンサートへ出かけた。


DSCN6469.jpg


歌は、メゾソプラノの菅野祥子



DSCN6477_20180317070841f24.jpg


チェロは、平野玲音


image_20180317071528ad9.jpg千年に一度と言われた大震災から7年。多くの方々に支えられて、ようやく町には人々が行き交い始めました。あの時、心を寄せて音を奏でてくれた平野さん 仲間達と再び演奏できる " この時 " に深く感謝しています。菅野祥子(陸前高田出身)


4月4日(水)19時15分開演
トッパンホール



でのコンサートと同じプログラムであった。


日本歌曲(「むこう、むこう」「さざんか」「くちなし」)
クライスラー(「美しきロスマリン」「愛の歌」「愛の喜び」)
ブラームス歌曲(「Ständchen」「Sonntag」「2Gäsenge,op.91」)

休憩

モンサルヴェージュ(「鳥の歌」の主題によるマドリガル)
ロドリーゴ(「Con que la lavare?」)
ニン(「El vito」)
サン=サーンス(「白鳥」「Allegro Appassionato, op.43」)
菅野祥子(「春なのに」「波雫」「朝陽」)



トッパンホール、お近くにお住いの方
是非お出かけください!



DSCN6487_20180317071724f4a.jpg


ウィーンでのピアニストは、
イネス・シュッテングルーバー(Ines Schüttengruber、写真左)
日本語の歌詞のドイツ語訳を読むナレーターも務めた。



ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!



人気ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

スポンサーサイト