便利な母さん

DSCN1102.jpg秋のブルグ公園

娘の大学生生活も
ちょうど一ヶ月が過ぎたところだが

とても充実して、かなり大変そうではあるが
楽しそうでもある。

それで、音楽院の方だが
ソロに加えて
室内楽やオーケストラもあって

室内楽は、ヴィオラとフルートとハープの曲で
今日は、家で私がピアノで他のパートを弾いて
練習に付き合った。

なかなか便利な母さんだと思う。

オーケストラは、ムソルグスキー作曲ラヴェル編曲の
展覧会の絵」で第2ハープで乗る事になっている。(今月本番有り)

こちらは、ユーチューブで色々な指揮者で合わせてみた。

色々な展覧会の絵が聴けて面白そうなCDだ。


でも、ハープって、特に第2ハープって
終わりの方に3ページくらいちょこちょこっと弾いて
おしまいだから

譜読みも簡単だし(もう暗譜しちゃったようだし)
弾く時間も短くて

例えば、お友達は、ファースト・ヴァイオリンで同じ曲に
乗るのだけど

多分、最初っから出ずっぱりで
パート練習も何回もあるようで

ずっと大変そうだ。

でも、貰える単位は一緒だから
何だか娘は得だよね。
(違ったりして 汗)

チェリビダッケ指揮 ロンドン交響楽団 ムソルグスキー作曲ラヴェル編曲の
「展覧会の絵」



ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


スポンサーサイト