ふわふわであまあま

DSCN0835.jpgオーストリアのメーカー エルツの菓子パン

娘の通っていた市立幼稚園では
朝は、8時頃までに連れて行って
お迎えは、11時45分から12時の間だった。
朝は、まずガーベル・フリューシュトゥックと言って
ガーベル、つまりフォークで食べれる
フリューシュトゥック、朝食が出た。

トマトや黄色パプリカ
リンゴやバナナ

そんな物だった。

小学校に上がると、ヤウゼ(おやつ)を持って行く。

初めのうちは、あっという間に帰ってくるから
下手すると11時なんて
幼稚園より早いときもあったので

リンゴ1個、お蜜柑1個なんて時もあったし

おにぎりやサンドイッチを持って行ったりもした。

そして、10才からギムナジウムだが(この時もヤウゼ持参)
ここも最初2、3年は、何だか早く帰ってきていた。(13時までとか)
それから、だんだん遅い時間まで授業があるようになって

それで、驚いたのだが、昼休みって時間がないのだ。

昼食を摂る時間が決められていない。
各自勝手に食べる訳だ。

日によって空く時間が違ったりする。

うちは、自宅まで徒歩5分だったので
最後まで、空いた時間に家へ戻ってお昼ご飯は一緒にしていた。

たまに友人を連れて来たり、娘が他所でご厄介になったり
もあった。

で、大学生になって、今のところ毎日簡単なお弁当を
持参している。

適当に見繕って用意しておいたものを
娘が、詰めて持って行っている。

サラミやチーズ、プチ・トマト、パプリカ
ゆで卵、前日の残りのカツ、パンやクラッカー
果物などなど

DSCN0837.jpg一個ずつ袋詰めなんて日本のよう

DSCN0840.jpgシュネッケ(かたつむり) クリームとミニチョコ入り

写真のふわふわっとしてあま〜いパンとか
時には欲しいだろうから
買って置くと喜んで持って行く。

ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ



スポンサーサイト