人の選んだものばかり、でも面白い!

DSCN1082.jpg落ち葉の絨毯と穏やかな木漏れ日


読書の秋ということで_
近頃読んだ本は、

「涙」(上・下)    乃南アサ著
「小さいおうち」    中島京子著
「銀の匙」       中勘助作
「モンスター」     百田尚樹著
「大聖堂 果てしなき世界」(上・中・下)ケン・フォレット著 戸田裕之翻訳

今読んでいて、もうすぐ終わりそうなのが

「空飛ぶタイヤ」(上・下)池井戸潤著
大聖堂 果てしなき世界」は、Kenwanが、日本で買ってきてくれた本
前作「大聖堂」が面白かったので、これもきっと、ということで選んだそうだけど
期待を裏切らず一気に読めた。


後は、全部友人が面白いから、と貸してくれた本だ。

銀の匙」は、この中でかなり趣の違う作であるが
夏目漱石が絶賛した作品だそうで、大変きれい。
こういう世界は、今何処かにあるだろうか。



」は、婚約者が失踪してしまい、その行方をどこまでも
追って行く話で、ああああ〜〜、




モンスター」は、バケモノと言われた子が、整形手術で完璧な美人になって、、、



小さいおうち」、赤い屋根のモダンな二階家、そこの若くて美人な奥さん、彼女を慕う女中のタキちゃん、戦争もあり、恋愛事件もあり、最終章は、、、


今、下巻に入った「空飛ぶタイヤ」は大人気「半沢直樹」と同じ著者で
いや、もう、大変でございます。





昨日は、よろしくお願いしておきながら
バナーを貼り忘れて失礼いたしました。

近頃抜けっぷりに磨きがかかってきて
本人少々危惧しておりますが

今日は忘れず

ポチっとお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





スポンサーサイト