娘から聞くウィーンの大学

DSCN1246.jpg本文とは関係なく 娘の布団から顔を出すエニー

日本の大学は、入るのが大変で
出るのは簡単

欧米の大学は、入るのは簡単だけど
出るのが大変

とは、よく聞く話だが


いや、実際
10月からウィーン大学へ通う娘から
聞くところでは

すでに脱落者が出てきている。

おいおい、試験はまだだよ。
(取り合えず、試験が終わるまでは
止めたのかどうか分からないけれど)

娘は、日本風に言うならば
教育学部数学・ラテン語専攻で
(10才から18才の生徒が在籍するギムナジウムの先生の免状が取得できる学部で
こちらの先生は、2教科を専攻しなければならない)

数学の方は、予習復習クラス(こんなものがある!)に来る学生が半分くらいに減って
教室がガラガラになってきているそうだし

ラテン語も、もう諦めた、という学生も出ている模様

クリスマスが終わると
バタっと人数が減る、とは聞いていたけれど。。

娘のギムナジウムの友人で
工科大学の建築科へ進んだ子がいるが

彼女の話では
400人入れるホールに
800人来て

大学側からセキュリティーが立ったそうだ。

怪我人が出そうな勢いだものね。

建築科は、ウィーンじゃものすごく人気の学部で
振り落としが凄まじい。

授業に出席するのも、そんな具合で大変だけど
それに加えて毎日山のような宿題が出るそうだ。

法学部は、何と言っても暗記だそうだけど
最初の試験で200ページ暗記して行くようだ
と、やはり娘の友人談。

いや〜、皆さん、頑張ってね。

ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ



スポンサーサイト