何とかとハサミは使いようって言うけれど

DSCN1641.jpg

アジアの人の髪質は、
ヨーロッパの人のそれに較べると
総じて固くて腰があってしっかりしている。


DSCN1640.jpg

こちらの方は、日本で言う猫っ毛で
ふあふあ、ふにゃふにゃと
柔らかい

こちらの美容院へ行くと
私達のような固い髪の毛を扱い慣れていなくて
どうも上手に切って頂けない。

今頃は、事情が違っていたら申し訳ないけれど
私は、それで、こちらへ来て20余年
家でKenwanにカットしてもらっている。

彼の頭は、私の担当。
所謂バリカンで刈るだけなので
簡単です。

最初に住んだ7区に今でもある
刃物屋さんで購入したハサミが
上の写真のハサミだ。

(この刃物屋さんは以前にもご紹介したように
思うけれど、話が重複してたら悪しからず)

日本のハサミも大変優れている、と
これも、確か去年だったか記事にしたけれど

オーストリアのお隣りドイツには、
ゾリンゲンがある。

この20余年ずっと使っているのが
ゾリンゲンのハサミで
これ、何もお手入れせずにずっと保っている。

何が素晴らしいって
髪の毛が決して逃げない

話は飛ぶけれど

先日、賢一が12月に帰国する際
ヒゲの手入れ用に
このハサミを持って行く
と言っていたので

DSCN1645.jpg

クリスマス・プレゼントには
少し早いけれど
ヒゲ手入れ用ゾリンゲンのハサミ
序でに毛抜き(こちらはスイス製)を
買い求めた。

DSCN1649.jpg

早速使っているようで

やっぱり、ヒゲが決して逃げずに
ジョリっと切れると
とても気に入っている様子だ。

ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




スポンサーサイト