ヒドい夫婦だと思う

DSCN2334.jpgTさんの友人作の、これ本物じゃなくてブローチ Tさんからのプレゼント(娘と私用?)

暮れの大阪での個展の最終日
いつものように電話を入れると
Kenwanが、Tが来たんだよ!

と言い、私は、エッ、生きてたんだ!?

と不謹慎なセリフを言い返してしまった。
DSCN2324.jpg気に入ってお帽子に付けてみた

それと言うのも

もう、かれこれ10年くらい前になるだろうか

Tさんが、一方的に連絡をくれなくなって
(特に喧嘩をした訳じゃない)

その後も折々に思い出して
Tさんは、どうしているのかしら?
と言い言いしているうちに

一昨年辺りだったか
Kenwanが、Tさんの夢を見て

その夢の中へTさんは
ものすごく清らかな姿と雰囲気を漂わせて
出て来たそうだ。

Kenwanは、Tは、実際にはこんなに清らじゃないのに
こんな風になってしまったからには
ああ、これは死んでしまったんだな

と思ったそうで

夢から覚めても

Tは、もう死んでしまったと思う

と妙に確信に満ちて言うものだから

いつしか、私達の間では
Tさんはもういないだろう、という事になっていた。(ごめん)

DSCN2330.jpg遊び心があってイイ!

Tさんは、時々このブログも読んでいるらしい。
この記事も読むだろうか、、、(気ィ悪くしないでね)

Kenwanは、何度も書いているけれど
絵ばっかり描いている人で
友達付き合いをあまりしない

そんなKenwanが、結婚する前に
友達と呼べるのはTくらいだから

と言って紹介してくれたのだった。

Tさん、気が向いたら、また連絡下さい。


ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト