クリスティアーネ・エルツェ 歌曲の夕べ

DSCN2595.jpg楽友教会前に薄らと雪が残っている


や〜っぱり、ロシアから
冬将軍のお出ましで

昨日から氷点下のウィーンだ。

おまけに雪まで降ってきたのだが

前々からチケットを買って
予定していたので

エニーのことも気になったけれど
夫と娘に頼んで

今宵は、楽友協会へ
リーダーアーベント(歌曲の夕べ)を
聴きに出かけた。
DSCN2597.jpg演奏会が引けた後、雪は幸い積もるほどではないけれど、マイナス7℃は寒い


クリスティアーネ・エルツェ(ソプラノ)
エリック・シュナイダー(ピアノ)

ヨーゼフ・ハイドン 5つのカンツォネッテン O Tuneful Voice, She Never Told Her Love, Piecing Eyes, The Wanderer, Fidelity

フランツ・シューベルト ゲーテの詩による5曲 「ガニュメード」「秘め事」「湖上にて」「ズライカの歌Ⅰ、Ⅱ」

休憩

フーゴー・ヴォルフ ゲーテの詩による6曲 Der neue Amadis, Epiphanias, Wanderers Nachtlied, Koptisches Lied Ⅰ, Anakreons Grab, Ganymed

アルバン・ベルグ 初期の7曲 Nacht, Schilflied, Die Nachtigall, Traumgekrönt, Im Zimmer, Liebesode, Sommertage

ご覧の通り、すべてウィーン縁の作曲家による歌曲ばかりを
時代順に並べたプログラムでいい演奏会だった。

ただ、もしかしたら、ちょっと風邪気味だったのではないかな、
と思われる節があったのは残念。

アンコールは、シューベルト2曲
Frühlingsglaube, Der Musensohn

動画は、クリスティアーネ・エルツェの歌でシューベルト「糸を紡ぐグレートヒェン」
ピアノは、今宵と同じエーリック・シュナイダー



ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト