美的感覚は生まれつき?

P5260068.jpg
エニー生後10週目で我が家へきた頃

日本人は、総じて小さくて可愛いものが好きらしい。

私がよく読んでいるドッグ・アクチュアリーにも
日本人は子犬に萌えているか?」なんて記事があった。
(自分の好みもチェックできる興味深い記事だ)

娘が、生まれて初めて口にした形容詞は
小さい」(ちぃーちゃい)で彼女はこれを
大袈裟に言うと

小さいイコールでありである
という風に使っていたと思う。
DSCN2715.jpg「あどけない」って感じではないなぁ、と思うのだけど、どうだろう?

かく言う私も
ウィーンの産院で他所の赤ちゃんを
眺めて

こう言っては失礼だけれど
「何だかけている」と
思ったものだ。

DSCN0124.jpg
2才頃のKenwan娘

そう、アジア人の赤ちゃんの顔は
ヨーロッパ人の赤ちゃんに較べると
まっちくて目鼻口も小さくて可愛いのだ。

こちらの赤ちゃんは、大体、目鼻口の造作も大きく
生まれた時から大人っぽい顔つきだと思う。
(例えば、可愛いと言うより美人になってしまう)

DSCN2717.jpg2枚目の写真と同様、ベネトンのマネキンベービー

どちらが良いとか悪いとかの問題ではなくて
先天的な美的感覚の違いが
結構その辺りにあったりするのではないか、と
推察している。

ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト