「ドン・ジョヴァンニ」

DSCN3411.jpg

昨夜は、テアター・アン・デア・ヴィーンで
モーツアルトのオペラ「ドン・ジョヴァンニ」を
コンサート形式で聴いた。

DSCN3412.jpg

指揮は、ニコラウス・アーノンクール
オーケストラは、ウィーン・コンチェントゥス・ムジクス
合唱は、アーノルド・シェーンベルク合唱団

始まってすぐ、テンポがゆ〜っくりだぁ
と、これに慣じむのに少しかかった。

大体、元から長いオペラだけど
19時定刻より少々遅れて開演し
途中一回休憩を挟んで
見終わって徒歩7、8分で帰宅したら
23時を回っていたから

通常の3時間弱の演奏時間を
大幅に越えていたように思う。

DSCN3415.jpg舞台前列左からDrole(レポレッロ)、Eriksmoen(ツェルリーナ)、Kares(マゼットと騎士長)、Schäfer(ドンナ・アンナ)、Schuen(ドン・ジョヴァンニ)、Beaumont(ドンナ・エルヴィラ)、Peter(ドン・オッターヴィオ) 後列はアーノルド・シェーンベルク合唱団

お目当てのドンナ・アンナ役のクリスティーネ・シェーファーは、
父親を殺したのが、声でドン・ジョヴァンニだと感づいて
許嫁のドン・オッターヴィオに再度復讐を誓わせる有名なアリアがあるのだけど

かなり抑えた表現で歌ったのが印象的だった。

DSCN3417.jpg中央が、ニコラウス・アーノンクール

私的には、ツェルリーナ役のMari・Eriksmoenと騎士長とマゼットを歌った
Mika・Karesが好みで

大変楽しめた晩だった。

ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!




にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ



スポンサーサイト