オーストリア外務大臣に会う

DSCN3419.jpg
オーストリア外務省のあるミノリーテン広場 回廊は、広場に建つミノリーテン教会


昨夜は、思いがけず
オーストリアの若き外務大臣からの
ご招待で外務省へ行って来た。

DSCN3421.jpg

DSCN3423.jpg上2枚の写真は、会場(マルモア・ザール)の様子

これは、私の通う教会の責任者宛のご招待で
私は、その同行者三人のうちの一人だ。

会場となったマルモア・ザール(大理石ホール)は、
色々な国のカトリック関係の方が沢山見えていて

その一人一人へセバスティアン・クルツ外務大臣(27才!!)
丁寧に挨拶して回り、また、それぞれの話に耳を傾けた。

Unknown.jpeg
セバスティアン・クルツ外務大臣

彼は、昨年12月に外務大臣に就任したのだが
それ以前は、外国人の同化政策に関与して
大きな働きをして来た。

それにしても、27才という若さで大変ハンサム
勿論とても感じが良くて、これは人気があって当然。

彼の属するオーストリア国民党は、保守政党だけど
こういう人を外務大臣にするって
とても革新的だ。

ポチっと応援クリック
どうぞよろしくお願いします!




にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


スポンサーサイト