日本レストランの看板

DSCN3502.jpg
本文と関係なく しばらく前、森へ行った帰りに、他所のお宅のきれいなお花

今日、区の新聞を見ていると
日本レストランの記事が載っていた。
お寿司をメインに扱っているそうだ。

レストランは、SOYA という名前のようだが
その横に「」と書いてある。

その経営者は、タイの方らしい。

同じ区内にお寿司屋さんがあって
」と書いて「Natsu」と読ませる。

寿司屋ではないが
CHADOなんてお茶専門店もある。

どこも、勿論経営者は、日本人ではない。

他にも同じような例は幾つもあるのだが

最初は、知らずに間違えて看板出しているのかしら
と思ったけれど

これはどうも、ただ、好きな形の漢字や心地良い響きを
当てているだけで、それが、正しかろうが間違っていようが
どうせ、大多数の人には分からないから、構わないって
ことなのではないか、と思うようになった。

そうなると、何だか日本文化が蔑ろ(ナイガシロ)に
されているように感じて、いつもイヤな気がする。

日本において、外国に対して、似たような事があるな、
とも思うので、お互い様なんだろうけれど
お互い、気を付けれたら、気をつけた方が良い。

ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!




にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
スポンサーサイト