エニーの散歩道 その3(終)

DSCN4427.jpgケッテンブリュッケン通りを30メートルほど北上して左に折れる。
ブログのネタがないからと言って、
こんな記事で三日も保たせるのは、どうかと思うが、どうぞご容赦下さいませ。
DSCN4431.jpgこの通りはいつも静かで、人通りも少なく車も滅多に通らない。
エニーはこういう通りが好きで、マーキングを頻繁にする。
DSCN4434.jpg静かな通りだけど、自動車整備工場などの小さな工場や木工所などが有る。うっそうと木の茂る所の奥には何かの工場。
この通りをしばらく歩いて今度は右折。
DSCN4440.jpgこの通りも静かな通り。
DSCN4442.jpg以前横断したレヒテウィーンツァイレをまた横断。
DSCN4445.jpgここはナッシュマルクトの西に広がる駐車場、毎週土曜日はここで蚤の市が開かれる。
DSCN4447.jpg右に有るのはケッテンブリュッケン通り駅の西の出口。
DSCN4452_201405240816467c5.jpgさらにリンケウィーンツァイレも横断、ここの信号は青になるまで後何秒と言うのが表示される、珍しい信号。
DSCN4454.jpgこの通りには日本人のヴァイオリン職人のKさんの工房がある。この通りを突き当たりの手前で右に折れる。
DSCN4457.jpgこの通りの名前はルフトバッド(空気風呂)通りと言う奇妙な名前。
DSCN4458.jpgこういう静かな裏通りがエニーの大好物。
DSCN4462.jpgこの空気風呂通りの突き当たりを左折しさらに右に折れる。
DSCN4464.jpgこの通りを少し行くと我が家の建物。右に見えるパン屋さん兼喫茶店のセンメルは美味しい。
DSCN4468.jpgうちの建物の一階にある古本屋さんのショウウィンドウ
この古本屋さんは永らく後継者募集の貼紙が貼ってあったが、
最近ようやく後継者が見つかったようで、結構ガタイの良い若い兄さんがやっている。
このお兄さん、男の人が好きな人のようで、ショウウィンドウに並ぶ本が以前とガラッと変わってしまった。
DSCN4470.jpgうちの建物の殺風景な中庭

さて、ようやくエニーは我が家にたどり着いた。
なるべくエニーの好きな静かな裏通りを歩く、30分程度のコースで、
何の変哲もなく観光とは無関係なウィーンの街並みを堪能して頂けたのではないだろうか。


ポチッと応援クリック
よろしくお願いします!



にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ

スポンサーサイト