犬のはなしだけど犬のはなしじゃなくて

DSCN4210_20140525014829758.jpg写真は本文とは関係ありません。

kenwan娘です。

なんと明日には母が帰って来るというので、父娘は大掃除を敢行しております。
なにこの二週間親が留守にしていた家の子供の思考。
(私のアイデアではないですよ、念のため)

という事で、わりかしタイムロスをしてしまった……かと思いきや、

実は今朝、とあるクラス(授業??)が休講になったので、まあプラマイ0ぐらいかな……。

延期されるのか、いつに延期されるのか、が恐ろしい……。

今日はささっとドイツ語 ⇔ 日本語で面白いかもしれないポイントを探してみて、早めに終わりにしようと思います。(間違いとかあったら言ってください(><))
よく思うのが、情報の質の差かな……?

一番簡単なところ(というか一番早く思いつくところ)だと、

今朝、散歩中に犬を見たよ。

だと、大きく分けて

Ich habe heute in der Früh beim Spaziergang Hunde gesehen.

Ich habe heute in der Früh beim Spaziergang einen Hund gesehen.

の二通りに翻訳できるかと思うんですが、

Ich habe …… gesehen
が「私は見たよ」

heute in der Früh
が「今朝」
(「今日の、早い時間に」ってなってるから長い)
(因に私の感覚だと、日本語の「今朝」は「heute in der Früh」よりちょっと遅い気がします。なんとなく)

beim Spaziergang
が「散歩中に」

で、問題になってくるのが、犬の部分です。

前者は複数形、後者は単数系です。

私はここで考えるべきなのが、文章の続きだと思っています。
(文法的には複数形、単数系と言う事だとは思いますが、
実際の所、朝、犬を見て、「あ、一匹じゃなくて何匹もいる」とはあんまり考えないと思うんです)

今朝、散歩中に犬を見たよ! ここら辺は犬がいない事で有名なのにね。
(前者)(犬全般の話)

なのか、

今朝、散歩中に犬を見たよ! その犬ったらね、もんのすごい細くてね、信号の前でブルブル震えてるの。
(後者)(見た犬の話)

なのか。


そしてもっと言いますと、
ドイツ語で同じ事を言うならば、私は、「散歩中に」はつけないと思います。
割とどうでも良い情報だし……
リズムが崩れるからです。

至極普通に喋るとします。(ゆっくり、どこを強調する訳でもなく)
とりあえず一番重要なのが、「犬」という単語なので、そこは確実に強調されます。
その他は、(これはルールなのかどうか、ちょっとわかりかねますが)割と最初の母音二つ三つぐらいは(普通は)強調がつかないと思うんです。
喋るののを走るのと比べてみるとわかるかと思うんですが、助走がないと飛べないのと同じで、最初から強調すると、なんとなくつんのめってしまう感じがするんです。

とすると、こうなります。

Ich habe heute in der Früh beim Spaziergang Hunde gesehen.

しかしこれ、どう考えてもなだらかじゃないですよね。
強調される部分が一定間隔に並んでない。

じゃあしょうがない、こうしたらどうだっ!

Ich habe heute in der Früh beim Spaziergang Hunde gesehen.

まあ、アリっちゃアリなのかもしれないけど……。
これを喋ろうとすると(私は)早口になります。でこぼこしすぎてると言うか……。

やっぱり

Ich habe heute in der Früh Hunde gesehen.

これがベスト・アンサーのような気がするんです。


因にもし日本語の文章の方で、イントネーションを考えるとしたら、私は

今朝、散歩中に犬を見たよ。
けさ、さんぽちゅうにいぬをみたよ。

ってなるかな、と思って、あ、ウィーン弁で日本語喋ってるかも、と思いました。


<追記>
ドイツ語だと、「誰が?」が必要不可欠で大抵文章の最初に来るので、日本語先行でドイツ語に翻訳してみると、
文章の三分の二ぐらいが「私は……」から始まってしまうという不思議。
でも別に自意識過剰とかじゃないんだよなぁ……。



わっ、長くなってる……。読んでくれた方も、そうじゃなかった方も、ポチッと応援クリック
よろしくお願いします!



にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ

スポンサーサイト