日本からのお土産 その2

DSCN4193.jpg本文と関係なく ウィーン8区にあるカトリック系私立学校の校門前

我が家へのお土産に
日本から買ってきた
DVD3本

特に「是非これが欲しい」と思って
探した、ということではなくて

たまたま、そこにあった物の中から
良さそうなのを選んで買ってきた。
でも、
ショーシャンクの空に

これは、以前から名作だと
聞いていて見たいと思っていた映画で

期待を裏切らず家族皆で感動!
娘は、久々に号泣していた。






戦火の馬」は、「ショーシャンク」に較べると
小粒だと、、
Kenwanは「良い映画だと思うけれどね、、、」
といった感想。

いえ、なかなか良い映画でしたよ。
私は、馬の走る姿やその目や表情を見るにつけても
そのお馬さんの名優ぶりに痛く感心し、ストーリーも
相まって胸に迫り、様々な場面が心に残っている。






情婦」は、今のところ私のみ見たのだが
とっても好きな映画だ。個人的には、3本中1オシ。

マレーネ・ディートリッヒとチャールズ・ロバーツがいい。

アガサ・クリスティー原作のミステリーなので
筋は書けないけれど、法廷物でグイグイ引き込まれるし
ユーモアもあって楽しい。是非、オススメの一本だ。





ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!




にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
スポンサーサイト