ウィーン交響楽団 インバル+五嶋みどり

DSCN8658.jpg9月にウィーン・フィルとマゼールでブルックナーの8番がある! 今年のブルックナー・フェスティヴァルには同じ面子のプログラムがあったような気がする

昨日、ランチの帰りに
所用で立ち寄った友人宅で

「今夜は、五嶋みどりさんのブリテンのコンチェルトへ行くの」

と言われ(それは知っていたのだけど)

あれは、ヴァイオリンとハープ
綺麗なところがあるんだよね

と教えてもらって

「それでは行くか」

と楽友協会へ取って返した
DSCN8663.jpg

取って返して、
娘と私の分2枚の立ち見券を買って
家へ戻り

午後7時過ぎに出て
ギリギリに入ると
もう満杯

先日のブルックナーの時は
案外空いていたのに

DSCN8675.jpg

最初にベートーヴェン「エグモント序曲」
思いのほか柔らかい音が鳴ったのが印象的だった

2曲目が、お目当てのブリテンのヴァイオリン協奏曲
多分初めて聴く曲だったけれど、五嶋みどりの求心力で
ふわぁ〜っと何処かへ連れて行かれた気分だった

拍手が鳴り止まなかったから
アンコールにバッハの無伴奏から弾いてくれたのだけど

コンチェルトの後にソリストのアンコールがあるってのも
珍しいし

これは、普通アンコールに弾かないでしょう?

先月ウィーンで全曲弾いたばかりで
私も二晩出かけたコンサートだったけれど

昨夜は、あの時に比べたら
揺らいだところがあったように思う

それでも、聴衆の拍手に応えて
長い難曲を弾いてくれて感謝だ

休憩の後
バルトークの何か

こちらは、ノリの良い
時にユーモアのある演奏だった

ポチっと応援クリック
皆様、どうぞよろしく!


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


スポンサーサイト