歩行者天国マリアヒルファー通り

DSCN6942.jpg11月のウィーンの曇天! ここは車線が残っていて車両が入ってくる

ウィーンの旧市街は、何と言っても
ウィーンの中では、最も歴史もありエレガントな辺りだけど

もっと庶民的で一番の繁華街は
マリアヒルファー通りだ。

DSCN6941.jpgこの辺りも車線があるけれど、車の量はめっきり減って、歩行者はどこでも横断している

数年前からこの通りを
歩行者天国にする、と決めて
行政はあれこれやって来ている。

DSCN6950.jpgここは、中央にあった車線に石が敷かれて歩行者用に

中でも13Aという8区のアルザー通りと3区の中央駅(昔の南駅)を
結ぶバスの路線がこの通りを横切っているので

これをどのようにするかは、結構物議を醸していたように思う。

DSCN6949.jpg車は遠慮しながらノソノソノロノロ

この路線、この近隣住民には、非常に利用度の高い路線で
これが、マリアヒルファーで寸断されるような事態は
避けなくてはならず

結局このバスのために
一部、歩行者天国の方を寸断したり
マリアヒルファーのリング(旧市街をグルっと囲む環状線)に近い方は
不完全な歩行者天国になっている感じだ。

DSCN6951.jpg

マリアヒルファー通りの両側には
ぎっしりお店が建ち並んでいるので
そこへ品物を運ぶ車両は
制限速度時速20キロで入ってくる

一時期、自転車がビュービュー走って危なかったのだが
これも、勿論歩行者が最優先で規制された模様。

DSCN6953.jpg

DSCN6954.jpgこの2枚の写真の場所が、中央駅へ向う13Aが通るため、歩行者天国を寸断したところ

そんなこんなで、継ぎはぎだらけな感じの
歩行者天国だが、これで人が沢山出て商業効果が上がったり
排気ガスが減ったり(いや、車は迂回してどうせ近隣にガスを振りまくか?)

他にもどういう効果があるのだろうか。


ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ

スポンサーサイト