カフェでお茶

DSCN6972.jpgクラッシックな店内のカフェ・ティローラーホーフ

今日は、オーバーラーで待ち合わせたのに

待ち合わせ時間の30分も前に着いていた友人が

私が着くとすぐに

「ここ、暑いから出ましょ」

と言い、同じ通りのティローラーホーフへ

せっかくオーバーラーの写真を撮って来ようと思って出かけたのだが

(オーバーラーの写真はまだは載せてなかったと思うので)

また、ティローラーホーフへ行ってしまった。

DSCN6970.jpg

ウィーンでは、特別BIO(オーガニック)と銘打っていないスーパーでも

BIO製品をよく見かける。

年々そういう傾向が高まっているように感じるのは、私だけだろうか。

今日は、コーヒーの気分ではなくて、お茶をポットで頂いた。

ユリウス・マインルのお茶で、BIOなのだ。

アール・グレーにミルク付き4ユーロ。

DSCN6973.jpg

上の写真のテーブルに

新聞が何部か乗っているが

その新聞、全部新聞挟みに挟まれているでしょう?

昔、来た当初、この新聞挟みだけをお店で売っているのを見かけ

これは一体何だろう、とKenwanと二人で頭をひねったことがあった。

奥の方で男性が新聞を読んでいらっしゃるけれど

片手で新聞を閉じてある(挟んである)軸になっている木の部分を持って

もう片方の手でページをめくりながら、読んでいらっしゃる。

あれは、下敷きがあるので、新聞が平に保たれているのだ。

で、この下敷きの部分が、布団たたきのように見えて

(写真ではその下敷きの部分が全く見えないけれど、
布団たたきを新聞大に拡大したものを思い浮かべて下さって、あまり間違いはないはず)

私達は最初、これは布団たたき?と思っていて

カフェでこの器具に挟まれた新聞を発見した時は

あ〜、こんなところにあった!

こんな風に使うものだったんだ!

と、新鮮な驚きに包まれ正解を発見できたのも大層嬉しく

二人で喜んだのもいい思い出だ。


ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ





スポンサーサイト