在外選挙に行って来た

DSCN7211.jpg日本大使館のあるショッテントアの風景。ここのところ毎日こんな天気で気が滅入る。

1998年に公職選挙法が改正され、2000年の5月から、海外在住の日本人も国政選挙に参加できるようになったので、私と妻は日本大使館の領事部で、早速1999年11月には在外選挙人名簿に登録してもらい、在外選挙人証を受け取った。

以来この十年間で六回、国政に一票を投じて来た。
DSCN7214.jpgショッテントアの駅から歩いて3分の日本大使館。領事部へは国旗の真下にある入口から入る。
DSCN7326.jpg投票のために持参しなければならないのはこの二つ、パスポートと在外選挙人証。


今日は昼食を済まし、郵便局で作品を郵送に回した後、地下鉄に乗って日本大使館領事部に行って来た。
午後3時過ぎに入館。保安要員による荷物チェックの後、大使館員の人に説明を受け、私の投票用紙の送り先の選挙管理委員会宛の封筒に住所を書かされ、その後に受付の人に私のパスポートを渡し本人の写真と照合。
そして二重の封筒に入ったピンクとクリーム色の二種類の投票用紙を渡され投票ブースに向う。
クリーム色の用紙には比例代表の政党名、ピンクの用紙には私の戸籍のある小選挙区の立候補者の個人名をそれぞれ書いて、内封筒に入れ封をし、さらにそれを外封筒に入れ封をして、その表に選挙人番号、氏名およびサインを書いて受付の人に渡し、その人が選挙管理委員会宛の封筒にそれらを入れてまたしっかり封をして終了。
受付の人の横には立会人が居てその一挙手一投足を注視している。
こういう儀式めいた厳粛さは、私が持っている日本国民としての一票の価値を思い知らせてくれているようで、ちょっと滑稽な感じもするけど決して嫌いではない。

全て終わって、コートを羽織って領事部を出ようとすると、これから投票しようとやって来た知人に会った。
軽く会釈を交わして外に出ると、いつものように何だか大仕事をすましたような気になるのだが、実は二十分ほどしか経っていないのであった。

kenwan


ポチっと応援クリック
よろしくお願いします!




にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
スポンサーサイト