「落ち武者」

DSCN8745.jpgクリストフ・パウディス(1625−1666)「落ち武者」

ウィーン美術史美術館続き>

上の写真、レンブラントと同じ部屋に
飾られていた作品で

何やら惹かれるので
写して来た
絵についてキャプションを読んでみると

たっぷりとした白いヒゲを蓄えた年老いた男が
描かれていて、彼の服は着古されている
ぼろぼろなフェルト帽の下からは
この男の人生を物語っている顔が覗いている
そして、この男が、肩にもたせかけているマスカット銃から
落ち武者であることが分かる
要するに脱走兵だ
強奪し人殺しをする嫌われ者の兵士が描かれている
彼は老いている
パウディスは、軽蔑するのではなく
この孤独な老人の尊厳に共感を見出そうとしている。


ポチっと応援クリック
どうぞよろしく!


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


スポンサーサイト