ウィーン自然史博物館

DSCN9220.jpg

娘が、お友達と
「博物館ならタダで涼しいわよ」


自然史博物館と技術博物館を
ハシゴ(表現古し?)して来た。

自然史博物館には
「人体の奇跡」と銘打って

皮膚の下の筋肉や細胞等を
実物(!)で展示されているそうだ。

勿論「故人と合意の上でのことです」

と但し書きが添えられていたとのこと

だけど、う~ん、ビミョウ

ちょっと見れない

撮影禁止なので
その写真はないので
私と同様の方ご安心下さい。
DSCN9213.jpg
奥に見えるのはマンモス?

短パン、バミューダ・パンツに
ビーチサンダルの
ヴァカンス風カップル

夏休み家族旅行風
疲れてるツーボーイズ

DSCN9214.jpg

「ヴィレンドルフのヴィーナス」は皆さん世界史の教科書の最初のところでご覧なのではないでしょうか。

約2万年前の旧石器時代の遺跡から発掘

石灰岩に彫刻したものだそうだ。

DSCN9218.jpg

娘よ)写真を撮って来てくれたのは
有り難いのだけど
キャプションはないし
説明もしないで寝てしまったので
私は何も分からないのだよ。

左下の絵は「マンモス狩り」の場面かな?

上の角はどなただろう?

DSCN9219.jpg

Tレックスとトリケラトプスの頭。

DSCN9227.jpg

天井から釣ってあるのはプテラノドンでしょうか。

DSCN9222.jpg

草食のカミナリ竜の骨格

DSCN9223.jpg

これもプテラノドンかな?

DSCN9230.jpg

右がTレックス、真ん中がカミナリ竜
左はKenwan曰く「これはイグアノドンの手!」

DSCN9232.jpg

亀の化石って言ってたけれど、、、

恐竜図鑑を片手に
書いてみました。

ポチッと応援クリック
どうぞよろしく!


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ




スポンサーサイト