美術館の中のカフェ

DSCN9002.jpgウィーン美術史美術館 アントニオ・カノーヴァ作「テセウス群像」手前のライオンは別物 階段の上、2階から撮影

ウィーン美術史美術館の2階には
カフェがあって

沢山ある絵画や工芸品の
鑑賞の合間に
一息入れられる


DSCN9009.jpg

コーヒーやお茶の他に
甘いものも置いてある

DSCN9004.jpg

美術館の中なので
こんな空間で
ゆったりと贅沢な気分で
寛げるのがいい

DSCN9007.jpg

流石に美術館だから
こんな彫像もあったりして

DSCN9008.jpg

こちらは、剣と何を持っているのかな?
手紙のようにも見える

DSCN9003.jpg

飲んでいる途中の
写真で失礼

これは、Brauner(ブラウナー)の小さい方
コーヒーにミルクが付いてくる一般的なコーヒー

ウィーンは、コーヒーの種類が沢山あって

メランジュは、コーヒーとミルクが半々で
ミルクが泡立てられている

日本で言うウィンナーコーヒーで
ホイップクリームが乗っているコーヒーは
アインシュペナー

手元にある23年前のガイドブックに
コーヒーよりミルクの方が多いものを
シャーレ・ゴルト」と書いてあるが

一寸聞いたことがない

それはフェアレンゲルター
言っているのだけど、、、

今度誰かに聞いてみよう

ポチッと応援クリック
よろしくお願いします!



にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ

にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ


スポンサーサイト